Ray

デリケートゾーンのひどい黒ずみを治したい!市販クリームを使うケアや治療もご紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
デリケートゾーンのひどい黒ずみを治したい!市販クリームを使うケアや治療もご紹介
人には相談しづらい悩みといえば、デリケートゾーンの黒ずみが代表的。黒ずみは、市販のクリームを使うことや皮膚科での治療で改善に期待ができます。この記事ではデリケートゾーンが黒ずむ原因や、おすすめのケア商品をまとめました。効果的なクリームを知りたい人は、参考にしてください。
目次
  1. デリケートゾーン(VIO)の黒ずみの原因はホルモンや摩擦によるもの
  2. どれくらいが普通?一般的なデリケートゾーンの黒ずみ度合い
  3. 市販のクリームでデリケートゾーンの黒ずみをケア!おすすめ3選
  4. デリケートゾーンのひどい黒ずみは皮膚科で治療も◎
  5. デリケートゾーンの黒ずみケアは自宅でできることから始めよう

デリケートゾーン(VIO)の黒ずみの原因はホルモンや摩擦によるもの

デリケートゾーンが黒ずむ原因は、女性ホルモンの影響や摩擦です。なぜなら女性ホルモンの分泌や肌の摩擦によって、メラニン色素が作られるから。

メラニン色素は、肌を外部刺激から守る物質です。刺激が肌へ浸透するのを防ぎますが、肌を黒ずませる作用があります。

メラニン色素は肌の生まれ変わり(ターンオーバー)に合わせて、体の外へ排出されるもの。しかしメラニン色素が大量に生成されると、排出が追いつかずに黒ずみになります。

何気なく行っている生活習慣が、実は摩擦の原因になっている場合も。これからご紹介する黒ずみの原因に当てはまるものがないか、確認しておきましょう。

1.女性ホルモンの影響

女性ホルモンの分泌によって、デリケートゾーンが黒ずむ場合があります。

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、メラニン色素を増やすと言われているからです。妊娠・出産時にデリケートゾーンの黒ずみに悩む女性が多いのは、女性ホルモンが増えるからと考えられています。

また女性ホルモンの分泌が多い20~30代も、黒ずみが気になりやすいもの。ホルモンの分泌ばかりは防ぎようがないため、過度に気にしなくても大丈夫です。

2.衣服との摩擦やトイレットペーパーで強く拭きすぎること

締め付けのきつい衣服や下着の着用、トイレットペーパーで強く拭くことも、黒ずみの原因になります。衣服やトイレットペーパーによる摩擦で、肌が刺激を受けるからです。

摩擦を防ぐためにも、衣服は極力ゆとりのあるものを選びましょう。

またシームレスショーツの着用もおすすめです。縫い目がないため、締め付けや摩擦が起きにくくなっています。

3.洗いすぎ

陰部をゴシゴシと洗いすぎると、肌荒れや乾燥が起こりやすくなり、デリケートゾーンの黒ずみに繋がります。陰部を洗う際は、泡でそっと包み込むようにしましょう。

洗浄力の強すぎるボディーソープは、肌荒れや乾燥を引き起こす恐れがあります。できればデリケートゾーン専用の、肌にやさしいものを使いましょう。

▼黒ずみケアがしたいならデリケートゾーン専用石鹸「ジャムウ」がおすすめ

ジャムウ

4.カミソリやピンセットによるアンダーヘアの自己処理

カミソリやピンセットでアンダーヘアを処理するのも、黒ずみの原因に繋がります。

カミソリやピンセットは肌への刺激が強く、肌荒れを引き起こしやすいからです。

▼月額3,000円でジョリジョリのVIOから卒業♡

リアラクリニック

アンダーヘアの自己処理をする際は、肌への負担が少ない電気シェーバーを使いましょう。また脱毛クリニックやサロンを利用するのもおすすめです。

▼医療脱毛クリニックの正しい選び方やおすすめのクリニックを知りたい方はこちら!

どれくらいが普通?一般的なデリケートゾーンの黒ずみ度合い

一般的なデリケートゾーンの黒ずみ度合いは、赤黒い色と言われています。少し黒みがあるのが一般的なため、気にしすぎなくて大丈夫です。

デリケートゾーンの色は、もともとのメラニン色素の量でも変わります。自分の肌色によって黒さも変わるため、他人と比べる必要はありません。

それでも黒ずみが気になるなら毎日のケアでケアしよう♡

イビサクリームのイメージ

デリケートゾーンの黒ずみケアで人気なのが、イビサクリーム。美白成分に加え、肌荒れ防止としてグリチルリチン酸2Kも配合されています。保湿成分は贅沢に9種類配合、さらに保湿サポート成分も3種類配合のクリームです。

黒ずみのケアをしつつ肌荒れや乾燥も防げるクリームをお手頃価格でお探しの人におすすめします。

価格

・2ヶ月ごとに2本のお届け:1本あたり5,390円(税込)
・毎月1本のお届け:6,545円(税込)
・単品注文:7,700円(税込)+送料510円

内容量

35g

美白成分

トラネキサム酸、VIOホワイトナノ(独自成分)

保湿成分

濃グリセリン、BG

肌荒れ防止成分

グリチルリチン酸2K

不使用成分

合成香料、着色料、アルコール、パラベン

イビサクリームは通常購入と定期購入が選べますが、お得に買うなら定期コースがおすすめ。以下の特典が付いています。

  • 毎回最大30%OFF
  • 送料無料
  • 28日間の返金保証つき
  • 黒ずみケアのコツBOOKつき

定期コースの継続回数は制限なしのため、いつでも休止・解約できます。
※次回お届け予定日の7日前までに連絡

▼イビサクリームの購入はこちら

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

デリケートゾーンに使うものだからこそ、肌に合うかは不安なもの。返金保証つきで気軽に試せるのは嬉しいですね♡

市販のクリームでデリケートゾーンの黒ずみをケア!おすすめ3選

市販のクリームで黒ずみケアをする際は、以下に着目しましょう。

価格は無理なく続けられる程度か

黒ずみケアはある程度の期間続けるのが大事なため

美白成分が配合されているか

トラネキサム酸、アルブチンなど

保湿成分が配合されているか

セラミド、ヒアルロン酸、スクワランなど

肌荒れ防止成分が配合されているか

グリチルリチン酸2Kなど

刺激の原因となる成分が不使用か

パラベン、アルコールなど

これらの条件をもとに、おすすめできる黒ずみケアクリームを3つご紹介していきます。

  1. JAMMY「美白クリーム」
  2. Clarice「ホワイトクリーム」
  3. 美彩「ホワイトラグジュアリープレミアム」

1.JAMMY「美白クリーム」

出典:Amazon

JAMMY「美白クリーム」は、お手頃価格で黒ずみケアができるアイテムです。美白成分を配合するだけでなく、不使用成分が多く低刺激なのが嬉しいポイント。

肌の弱い方にもおすすめです。

価格

1,980円(税込)

内容量

30g

美白成分

トラネキサム酸、アルブチン

保湿成分

スクワラン、グリセリン、BG

肌荒れ防止成分

不使用成分

パラベン、合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤、アルコール、ホルモン剤

2.Clarice「ホワイトクリーム」

出典:Amazon

Clarice デリケートゾーン VIO 乳首 バスト ワキ 肘 膝 マタニティー ボディケア ホワイトクリーム 【医薬部外品】

¥2,470 (税込)

Clarice「ホワイトクリーム」も、お手頃価格で黒ずみケアができます。美白成分だけでなく、スクワランとメドウフォーム油といった保湿成分も配合。

美白と保湿を同時に実現したい人におすすめです。

価格

1,980円(税込)

内容量

30g

美白成分

トラネキサム酸、アルブチン

保湿成分

スクワラン、メドウフォーム油、グリセリン

肌荒れ防止成分

不使用成分

紫外線吸収剤、パラベン、鉱物油、エタノール、合成香料、合成着色料

3.美彩「ホワイトラグジュアリープレミアム」

出典:Amazon

美彩ホワイトラグジュアリープレミアム

¥9,980 (税込)

美彩「ホワイトラグジュアリープレミアム」には美白成分だけでなく、肌荒れ防止成分のグリチルリチン酸2Kや、保湿成分のヒアルロン酸も配合されており、黒ずみをケアしつつ原因を改善するサポートが出来ます。

多少お値段が張っても黒ずみをしっかりとケアしたいという人におすすめです。

価格

9,980円(税込)

内容量

25g

美白成分

3種のビタミンC誘導体、アルブチン、水溶性プラセンタエキス

保湿成分

ヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリン、BG

肌荒れ防止成分

グリチルリチン酸2K

不使用成分

香料、アルコール、着色料、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤

デリケートゾーンのひどい黒ずみは皮膚科で治療も◎

デリケートゾーンのひどい黒ずみを改善したい場合は、皮膚科での治療もおすすめです。皮膚科では一般的に、以下の治療が行われます。

ケミカルピーリング

・古い角質を除去する
・肌の新陳代謝を促進し、黒ずみを改善する

小陰唇縮小手術

・はみ出しているビラビラを切除することで黒ずみが再発しづらくなる
※ビラビラの切除しすぎに注意

ビラビラが大きいとその分摩擦が起きやすいため、ケミカルピーリングをしても黒ずみが再発しやすいもの。ビラビラが大きめの場合は、小陰唇縮小手術ではみ出ている部分を切除するのがおすすめです。

しかしどちらの治療が適しているかは、黒ずみの状態によっても変わります。皮膚科での治療を希望する場合は、医師とのカウンセリングをしっかりと行いましょう。

デリケートゾーンの黒ずみケアは自宅でできることから始めよう

デリケートゾーンの黒ずみは、摩擦を避けることや市販のクリームの使用で、改善が期待できます。まずは黒ずみの原因となる行動を控え、必要に応じてクリームでケアしましょう。

市販のクリームはさまざまなものが販売されていますが、美白成分と保湿成分にこだわるのがおすすめです。コツコツとケアをしていれば、きっと黒ずみも改善されますよ♡

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com