Ray

【=LOVE】大谷映美里&佐々木舞香にインタビュー♡ 最新シングルが発売!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【=LOVE】大谷映美里&佐々木舞香にインタビュー♡ 最新シングルが発売!
指原莉乃さんがプロデュースするアイドルグループ「=LOVE」(通称:イコラブ)から、10枚目シングル『The 5th』が2021年12月15日(水)に発売!ということで今回は、メンバーの大谷映美里ちゃんと佐々木舞香ちゃんに新曲の推しポイントや来年に向けた目標まで教えてもらいました♡
CONTENTS
  1. 新曲の紹介&見どころ♡
  2. 今年の振り返り&来年の抱負をネホハホ♡

新曲の紹介&見どころ♡

Check! 1 「The 5th」

佐々木舞香

「この曲は、2ndシングル『僕らの制服クリスマス』のアフターソングになっていて、高校生だった私たちが大人になって歌える曲で、すごく聴いていて幸せになる曲だなあと思っています。甘酸っぱくて初々しさもまだあって...すごく今の私たちにぴったりな曲だと思います!」

大谷映美里

「MVに注目しても、すごく大人になったように感じましたし、『僕らの制服クリスマス』の時から、ずっと付き合っていたんだ!という衝撃を受けました。演じるときはメンバーそれぞれのシチュエーションだったんですけど、大人になったけど背伸びしてる感じというか、もう本当に今の自分たちの大人になった感情にぴったりな歌詞とシチュエーションです。コンビニのケーキだったのがホールのケーキになっていたり、冷めたチキンがバスケットのチキンになっていたりとか、そういう2ndシングルからの繋がりのシーンもすごく楽しかったし見どころです!」

Check! 2 「お姫様にしてよ!」

佐々木舞香

音嶋莉沙がセンターで、女の子だったら誰でも共感できるんじゃないかなっていう曲です。お姫様を夢見ている女の子をはじめとして、日々頑張っている私たちや女の子がすごく共感できるし、この曲を聴けば、みんな“頑張ろう!”と思えるのではないかと思います。」

大谷映美里

今のイコラブで頑張っている状況とかに重ね合わせられる部分もあって。満員電車に乗っている時に聴いていて、“あ~辛いな”と歌詞と同じように思ったりしたので、メンバーもそうですし、ファンのみなさんにも共感していただける部分があるんじゃないかなと思います。」

イコラブ

Check! 3 「Poison Girl」

佐々木舞香

「この曲はすごく大人っぽい感じで、私が得意ではない英語が歌詞にたくさん入っているので、頑張って歌いました。ダンスも今までにない表現があって、みりにゃが床に横になったりとかちょっとセクシーっぽい感じのダンスもあったり。女の子の強そうで可愛らしい部分がでている曲で、ちょっと危ないイコラブがみれるんじゃないかなと思います!」

大谷映美里

「これは私がセンターをつとめる、不思議の国の世界観がある楽曲です。初めて聴いたときは英語だらけで衝撃を受けて、もうどういうことなんだろう...って色々調べました。小悪魔な要素が少しある女の子のおはなしでダンスナンバーにもなっていたので、1日5~6時間ほどのレッスンを頑張りました!」

Check! 4 「BPM170の君へ」

佐々木舞香

「これはユニット曲で私たち2人は参加していないのですが、瀧脇笙古が初センターで本当に歌詞を見ただけで、笙古がセンターだってまるわかり!っていうくらいぴったりな、マラソンを頑張るすごく健気な男の子のおはなしです。胸の高まりをタイトルにもある“BPM”と掛け合わせていて、曲中でも上がったり下がったりするのが可愛いです♡ 振り付けもみんなが真似しやすいようなものになっていて、私でもすぐに覚えられたのでファンの方も覚えられるんじゃないかなと思います!自分が参加しない曲って自分の声が入っていない分、めっちゃ聴きたくなったり歌いたくなったりするので、いつか私もアクティブになって参加できるよう頑張ります!(笑)」

大谷映美里

「すごく可愛くて真っすぐで、でもちょっともどかしくて青春っぽい感じが笙古に合っているなと思っていて、ランニングをする時に聴きたい曲になっています!この楽曲に参加しているメンバーは、アクティブというか走れそうな5人だなと思っています。私も歌いたかったなと思いながら聴いていました。」

今年の振り返り&来年の抱負をネホハホ♡

Pick up 1 2021年を振り返って、どんな年でしたか?

佐々木舞香

「2021年は、ライブが沢山ありました!沢山やったのですごい昔に感じちゃうんですけど、武道館は今年の1月だったし7月には横アリもやったしその後に幕張もやったしイコノイフェスもやったし。ていうので、どんどん会場が大きくなっていくのを一年の中で急速に経験して、私たちも初めてのことに戸惑ったりもしたんですけど、とにかくライブで忙しかった年だなと思いました。」

大谷映美里

人生でいちばん濃かった年だなと思います。年明けからすぐ私個人の写真集が出版されました。写真集は去年撮ってたんですけど身体づくりはすごく頑張っていて、特にお尻を鍛えたくて週3.4で100kgの重りをつけてトレーニングしていました!武道館に立ったり、横アリで単独ライブをしたりMステに出たりとか、ものすごくアイドルとしての夢が叶った1年で、山もいっぱいあったんですけど、本当に楽しかったです。」

大谷映美里

Pick up 2 2022年の目標は?

佐々木舞香

2022年はみんな健康でいてくれたらいいなと思いますけど、個人的には運転免許取りたいなと思っています!メンバーの諸橋沙夏がイコラブ入った当初くらいから“免許取りたい”って言ってるんですよ。未だにとってないんですけど。だから沙夏と一緒に免許をとろうねってはなしをしています!免許とったら、箱根くらいの移動が長時間じゃないところに行きたいです。」

大谷映美里

2022年はお茶の間で見かけるアイドルになりたいです!Mステの2回目も出たいなって思うし、自分としては好きなことを楽しんで、それがグループに還元できればいいなと思うので、いっぱい好きなことを見つけてやっていきたいです。」

佐々木舞香

More! 10thシングル『The 5th』が発売!

全シングルが「オリコン・週間シングルランキング」でトップ10入りを果たし、1stアルバム「全部、内緒。」でもオリコン・週間アルバムランキング1位を獲得するなど、今最も勢いのあるグループ=LOVEがお届けする10枚目のシングルが完成!

表題曲「The 5th」は 、=LOVEの人気曲「僕らの制服クリスマス」(2017年12月発売 2ndシングル)のアフターストーリー(5回目のクリスマス)を描いたクリスマスソング。

Type-A / CD+DVD(VVCL-1976~7) ¥1,500円+税
Type-B / CD+DVD(VVCL-1978~9) ¥1,500円+税
Type-C / CD+DVD(VVCL-1980~1) ¥1,500円+税
通常盤/ CD only(VVCL-1982) ¥1,000円+税

Point Ray3月号に2人が登場♡

2022年1月21日(金)に発売されるRay3月号に2人が登場するのでお楽しみに!

おおたに・えみり

生年月日:1998年3月15日 
血液型:O型
Twitter:@otani_emiri

ささき·まいか

生年月日:2000年1月21日 
血液型:A型
Twitter:@sasaki_maika

イコールラブ

指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ。2017年9月6日、1stシングル「=LOVE」メジャーデビュー。2021年1月には日本武道館2days公演、7月には横浜アリーナ単独公演、9月には幕張メッセ、幕張イベントホール単独公演も果たした。

撮影/神戸健太郎 スタイリング/城田望(KIND) ヘア&メイク/久保フユミ、後藤若菜(ともにROI) 取材・文/布目優実

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事