Ray

「戦ぐ」の読み方はなに?「せんぐ」ではありません!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「戦ぐ」の読み方はなに?「せんぐ」ではありません!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
目次
  1. 「戦ぐ」はなんて読む?
  2. 果たして、正解は?

「戦ぐ」はなんて読む?

戦という漢字にはたくさんの読み方があります。音読みでは「セン」、訓読みでは「たたか(う)」や一文字で「いくさ」と読むことも。

それでは、送り仮名が「ぐ」の場合はなんて読むのか分かりますか?

戦闘や熱戦など、戦う様子を表すことがよくある漢字ですが、それらとは違う意味を表す言葉なので少し難しいかも。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「そよぐ」でした!

戦という漢字は、戦慄のように身震いをする様子を表すことがあります。

このことから、ものが揺れる様子を表す「そよぐ」と読むようになったとか。

ちなみに、送り仮名が「ぐ」ではなく「く」の場合は「おののく」と読みます。

全く違う読み方になるので、見間違いには注意しましよう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com