Ray

【柊】はなんて読む?植物の名前を表す常識漢字

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【柊】はなんて読む?植物の名前を表す常識漢字
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「柊」は何て読む?

柊は木と冬を足した漢字なので、冬に関係する植物だと推測できますね。

いったい、「柊」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「ひいらぎ」でした!

柊は11月から12月に花が咲くモクセイ科の植物。冬の訪れとともに咲く花なので、木と冬を足して柊になったという説があります。

柊といえば、トゲトゲした葉っぱが特徴的ですよね。クリスマスのリースに使われているイメージが強い人も多いと思います。リースに使われている柊は、セイヨウヒイラギが主流なんだとか。

簡単に作ることもできるので、柊を飾ったリースを手作りするのもいいかもしれませんね。

みなさんは分かりましたか?

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事