Ray

「銀杏」の読み方は?秋景色を彩るあの植物!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「銀杏」の読み方は?秋景色を彩るあの植物!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
目次
  1. 「銀杏」はなんて読む?
  2. 果たして、正解は?

「銀杏」はなんて読む?

銀杏という漢字は、秋の代表的なある植物のことを表しています。鑑賞するだけでなく、食用としても日本人には馴染みがありますよ。

いったい、「銀杏」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「イチョウ」です。

銀杏は、中国語で「鴨脚」と書いて「ヤーチャオ」と発音され呼ばれていました。その発音が日本人に伝わる過程で変化し、最終的に「イチョウ」と呼ばれるようになったそうです。

音読みでは、食用としても馴染みのあるいちょうの実の「ぎんなん」と読みます。

イチョウとぎんなんが同じ漢字だとは、驚きですよね。

また、イチョウは苗を植えてから孫の代で木に実がなることから、「公孫樹」とも書きます。

東京都内には、明治神宮外苑にとても有名な銀杏並木のスポットがありますよね。

黄色く色づいた銀杏を見て、秋の訪れを感じましょう!

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com