Ray

「慮る」の読み方は?社会人になると見かけるあの言葉!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「慮る」の読み方は?社会人になると見かけるあの言葉!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
CONTENTS
  1. 「慮る」はなんて読む?
  2. 果たして、正解は?

「慮る」はなんて読む?

遠慮の慮に平仮名の「る」と書きますが、読み方は見当もつきませんね。

ちなみに、これに似た意味として「思いやる」があります。社会人になると「慮る」を見かけることが結構ありますよ。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「おもんぱかる」でした!

「おもんぱかる」という言葉が出にくいかもしれませんが、『慮る力』という本も出版されていて、言葉としては珍しいものでもないようです。

慮るは、周りの状況や、相手の気持ちを深く考えることを意味します。少し前に流行った忖度と似ていますが、忖度は「相手の気持ちを推し量ること」という意味なので、少し深みが違いますね。

「取引先の現状を慮る」なんて使い方が何気なくできると、感心されるかもしれません。

実際は、「慮る」よりも「思いやる」という言葉で言い換えた方が周りに伝わりやすいこともあります。一つの言い回しとして頭の片隅に置いておくと、言葉の引き出しが増えるのではないでしょうか。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事