Ray

コロナ禍がもたらす逆転劇?【非モテ→モテ】に昇格するタイプ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
コロナ禍がもたらす逆転劇?【非モテ→モテ】に昇格するタイプ
「これまでモテた試しがない……」という人にも挽回のチャンス!?コロナ禍以降、これまで注目されることが少なかった女性にモテ期が。イマドキの男性たちが恋愛対象に選ぶタイプとは?
CONTENTS
  1. ちょっと地味め?【インドア系】女子
  2. 【癒しLINE系】言葉遣いがきれい
  3. 最低限のニュースはチェックしている

ちょっと地味め?【インドア系】女子

これまで男性ウケがよかったのは、ルックスが華やかで性格も明るく、社交的な女性。いわゆる街コンや合コンなどでモテそうなタイプ。

ところが、最近「休日は家でごろごろしています」「趣味は動画を見ること」と言うような、インドア系の女子に人気が移りつつあるんです。

遊び歩く子よりも安心感があるし、おうち時間を充実させている様子は、男性にとって不動の人気である「家庭的な女性」というイメージにもつながります。

見た目は派手じゃないことが多いインドア系女子。でも、そこがかえって「お付き合いにお金がかからなそう」と好感を持たれる理由になっていますよ。

【癒しLINE系】言葉遣いがきれい

近ごろ存在感を発揮しているのは、意外にも普通の日本語を使う女性。

一時は「あり得なくね?」「マジでヤバい」のようなギャル風の言葉遣いが流行ったけど、とげとげしい響きに男性たちは内心がっかり……。

しかも、最近はLINEで文字ベースのコミュニケーションをとる機会が増えています。画面上で品のない言葉遣いを見ると、さらに萎えてしまうのです。

女性からきれいな日本語でLINEが送られてくると、ほっとする男性は少なくありません。顔文字やスタンプはひかえめにして、標準的な言葉遣いにするだけでOK。もともと日本語が美しい言葉なので癒し効果が見込めますよ。

最低限のニュースはチェックしている

過去には「え~、分かんな~い!」と声を上げて、男性の優越感をくすぐることがモテテクだった時代も。

しかし、最近の男性に「世の中のことを知らない女性を守ってあげる」だけの余裕はありません。

最低限のニュースは目を通し、時には一人で行動できる女性の方が付き合いやすいイメージですよ。ネットニュースの主要トピックスだけでも目を通しておくといいでしょう。

政治経済などの難しい分野にくわしくなる必要はないので、自分の身を守るための情報を中心にアンテナを立ててみて。

今までなら男性が見向きもしなかったタイプが見直されています。自宅で過ごす時間を大切にして、慎重な行動を意識しながら魅力アップを図っていきましょう!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事