Ray

「直向き」は「じかむき」ではない!正しい読み方は一体なに?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「直向き」は「じかむき」ではない!正しい読み方は一体なに?
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「直向き」は何て読む?

直は小学校2年生、向は小学校3年生で習う常用漢字。

直は直線や直す、向は方向や向くなど。

馴染み深い漢字のため、色々な表現を思い浮かべることができる人も多いでしょう。

では、直と向に送り仮名の「き」がつくと、一体何と読むでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「ひたむき」でした!

直向きとは、1つの物事だけに熱心に忍耐強く取り組むさまを表しています。

「直向き努力する姿勢」や「直向きな人」などのように、一途に仕事や勉強に打ち込んでいる様子を示す表現。

スポーツや勉強、仕事などで頑張っている人に対しての褒め言葉として、よく使われています。

ちなみに、直という漢字は送り仮名の「に」をつけて「じかに」と読むことがあるため、「じかむき」と間違って読んでしまう人が多いようですよ。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事