Ray

「態と」は「たいと」や「くまと」では間違い!正しい読み方は?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「態と」は「たいと」や「くまと」では間違い!正しい読み方は?
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「態と」ってなんて読む?
  2. 果たして、正解は?

「態と」ってなんて読む?

態との「態」は状態や態度というように、「たい」と読むことが多い漢字。

送り仮名を用いて「態と」という形で使うこともあります。

態と~するや態とらしい、態とらしく~するというフレーズで聞いたことがあるかもしれません。

また、熊という漢字にも似ているため、うっかり「くまと」と読んでしまいそうになりますが、これは間違いなんです!

さて、「態と」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「わざと」でした!

態ととは、このようにしようと意識的にある物事に取り組むさまを表す言葉です。そのようにしなくてもいいのに、あえてある物事を行う状況で使うことが多い表現。

「彼のチームは態と試合に負けた」や「彼女は態とらしく笑った」のように日常会話などで広く使われています。

態を2つ重ねた態々(わざわざ)という表現も有名。

「お忙しい中、態々お越しいただき誠にありがとうございます」のようにビジネスシーンで活用されています。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com