Ray

【読めそうで読めない漢字】「恭しい」はなんて読む?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【読めそうで読めない漢字】「恭しい」はなんて読む?
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
CONTENTS
  1. 「恭しい」読めないまま放置していませんか?
  2. 果たして、正解は?

「恭しい」読めないまま放置していませんか?

大学生や社会人になると、少し難しい言葉を目にする機会が格段に増えると思います。

「恭しい」も読めないまま放置してしまう人が多い漢字です。

「読み方は後で調べればいいや」と思うと、大抵忘れてしまって後日また読めないことがありますよね。

読めそうだけど実際に読んでみてといわれるとちょっと困る「恭しい」、一体なんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

「恭しい」の読み方は「うやうやしい」です。

「恭しい(うやうやしい)」とは、相手を敬い丁寧な態度を示すこと。

例えば、礼儀正しい振舞いを「恭しい態度」と表現することができます。

仕事の取引先の人と接待があった場合には、丁寧なマナーの良い対応が求められますよね。「恭しく取引先の方をお迎えしてね」と上司にいわれた際には、注意して応対するといいでしょう。

大人になるほどこのような少し難しい言葉が会話やメール文の中で使われます。

いざという時に恥ずかしい思いをしないように、この機会にぜひ覚えてみてくださいね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事