Ray

実はホッキョクグマは白くない!ホッキョクグマの毛と肌は何色?

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
実はホッキョクグマは白くない!ホッキョクグマの毛と肌は何色?
日常生活で使う機会はあまりないけど、知ってるとちょっと自慢できる!今すぐ誰かに教えたくなる【雑学&豆知識】をお届けします。

ホッキョクグマの毛と肌は何色?

北極に住んでいるホッキョクグマ。一見、真っ白な毛に覆われているように見えますが、実はホッキョクグマは白くないんです!

それでは、ホッキョクグマの毛と、その毛で覆われている肌の色はそれぞれ何色なんでしょうか?あなたもきっと驚くこと間違いなし!

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

ホッキョクグマの毛は「透明」、肌は「黒色」です!

ここで、「肌が黒くて毛が透明なら、遠くから見たとき黒く見えるんじゃないの?」と思った方も多いのではないでしょうか?

ホッキョクグマが白く見えるのは、この「透明な毛」が鍵を握っているんです。

ホッキョクグマの毛は、中が空洞になっています。そして、その空洞の周りに無数の微細な穴が空いているという複雑な構造をもっています。

つまり、ホッキョクグマの毛は穴ぼこのストローのような形をしており、内側には空気の層が存在しているということです!

この複雑な構造の毛に光が差し込むと、透明な毛の中で乱反射が起こります。その結果、ホッキョクグマを遠くから見ると白く見える、という不思議な現象が起きるんです!

ちなみに、なぜホッキョクグマの毛は空洞になっているかお分かりでしょうか?

それは、こうして内側に空気の層ができることで、体温を温存する効果があるからです。寒い北極で生きていくために必要なつくりだったんですね!

いかがでしたか?

会話のネタにもなる豆知識、家族や友達にもシェアしてみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事