Ray

「黒子」は何と読む?きっとあなたの身体にもあるもの!

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
「黒子」は何と読む?きっとあなたの身体にもあるもの!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「黒子」は何と読む?

「黒」い「子」と書くこの二字熟語。舞台を裏で支えている「くろこ」とも読みますが、実はきっとあなたの身体にもある、とある部位を表す漢字でもあるんです!ヒントは、文字通り黒いもの。さて、答えは分かりましたか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

「黒子」は「ほくろ」と読みます!皆さん分かりましたか?

ちなみに、医学的には「こくし」と読むこともあるようです。

では、そもそも「ほくろ」とは一体何なのでしょうか?

ほくろは、簡単に言うと、皮膚の表面にできる良性腫瘍のひとつです。「腫瘍」と聞くと少しびっくりするかもしれませんが、身体にはまったく害がないのでご安心ください!

皆さんは、「メラニン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?日焼けが気になる夏場にはよくこの言葉が使われていますよね!このメラニンを作るのがメラニン細胞です。

そして、そのメラニン細胞が刺激を受けて変化したのがほくろなんです!

それでは、ほくろができやすい人・出来にくい人の間にはどのような違いがあるのでしょうか?基本的には「紫外線をよく浴びている人」や「生活習慣が乱れている人」は、ほくろができやすいと言われています!これは、先ほど説明した「メラニン」が深く関係しているんです。

紫外線を浴びる量が増えると、その分だけメラニンが生成されます。また、生活習慣の乱れによりメラニンが肌に残った状態になると、ほくろができやすくなるとも言われています。ほくろが気になる……という人は是非気をつけましょう!

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事