Ray

シュークリームは“ある野菜”が由来!知ってるとおしゃれな、フランスのスイーツクイズ5選

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
シュークリームは“ある野菜”が由来!知ってるとおしゃれな、フランスのスイーツクイズ5選
おうち時間も増えて、趣味を探しているコも多いかもしれません。そんな時は新たな分野の勉強をしてみるのはどうでしょうか?今回のテーマは「フランス語」です。実は、身近な「スイーツ」にはフランス由来のものが多いんです。意外な意味もあったりするので、一緒に学んでみましょう♡

gâteau(ガトー)ってどんな意味?

例えば「ガトーショコラ」などで、よく聞く言葉ではないでしょうか。

どういう意味なんでしょうか?

正解は・・・

ケーキやお菓子

日本で言う「ガトーショコラ」は、フランス語では「gâteau au chocolat」と表記し、「ガトー・オ・ショコラ」と発音します。

ちなみに「chocolat」は、チョコレートやココアのこと。

mont-blanc(モンブラン)ってどんな意味?

みんなだいすき、おなじみのモンブラン。その由来はご存知ですか?

正解は・・・

白い山

mont(モン)が「」、blanc(ブラン)が「」という意味になります。これは、フランスとイタリアの国境にある山のこと。なのでモンブランとは、この山をモデルに作られたケーキのことを表していて、意外にも「栗」を意味する言葉ではないんです!

éclair(エクレール)ってなんのスイーツ?

これも、聞いたことがあるような言葉。

なんのスイーツのことでしょう?

正解は・・・

エクレア

細長いシュークリームの上に、チョコレートをかけたスイーツのことです。

実は、スイーツの名前以外にも「稲妻」「きらめき」という意味もあるそうです!

millefeuille(ミルフォイユ)ってどんなスイーツ?

「ミルフィーユ」なら知ってるけど、「ミルフォイユ」って?と思う人も多いかもしれません。

違いがあるのでしょうか?

正解は・・・

ミルフィーユ

ご存知のとおり、ケーキの「ミルフィーユ」を表しています。mille(ミル)は「1000」、feuille(フイユ)とは「」のことで、合わせて「千枚の葉」という意味。パイ生地の層が重なった葉っぱのようにみえることが由来です。


しかし、フランス語で、「feuille(フォイユ)」ではなく「fille(フィーユ)」と伸ばして発音してしまうと、「少女」というまったく違う意味になってしまうので、注意してくださいね!

chou(シュ)ってどんな意味?

これは、ある野菜を意味するフランス語なんです。

一体なんのことでしょうか?

正解は・・・

キャベツ

「シュークリーム」は、そのかたちが「キャベツの皮」に似ていることからついた名前なんだそう。ちなみに、フランス語でシュークリームは「chou à la crème(シュー・ア・ラ・クレーム)」と言います!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事