Ray

パウダーorリキッド、どっちが正解?今どき美肌になれる「ファンデーション」の基礎知識

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
パウダーorリキッド、どっちが正解?今どき美肌になれる「ファンデーション」の基礎知識
肌づくりはメイクの完成を左右する重要な工程!ナチュラルに仕上げるために、使うアイテムや工程を減らすのはナンセンス!リキッドファンデのつけ方を調整するだけで、ナチュラルなツヤ肌が作れるんです!今回はリキッドファンデーションの正しい使い方について紹介します。

扱いやすいのは、パウダーよりもリキッドテクスチャー

つけ方を調整しやすいのと、今っぽく仕上がるという点では、リキッドやクリームなど、水分を含んだテクスチャーがおすすめ。そういううえでも、リキッド+パフ一体型のクッションは手軽で優秀!

クリオ キルカバー グロウ クッション SPF50・PA++++ 全4色 15g×2個入り 3,400円+税/DOOWON

リキッドファンデをつけるときはどうする?

要領はクッションと同じ。やはりスポンジ使いが◎。

メイク初心者ほど、指で塗るよりも、余分な量を吸いとりながら密着度を高めてくれるスポンジがおすすめ。ただし、衛生面も考えてスポンジは定期的に洗浄しましょう。

How to

①パフの1/2にファンデをとる

パフの半分の面をクッションに一度押しつけてファンデーションをとる。これで半顔分の量。

②パフをほおにあてスタンピング

顔のいちばん広い部分のほおからスタート。スライドせずにトントンとなじませる。

③下地と同様、放射状にのばす

内→外へ広げる。ヨレの原因になる横の動きは避けて、その場でたたき込みながら移動。

④最後に余った分でおでこに広げる

肌悩みがない場合は、おでこは薄づきで十分。パフにしみ込んだ分で軽くおさえて。

⑤細かい部分はパフを折りたたんで

ひと通り全顔につけたら、パフを折りたたみエッジを使って小鼻や目まわりをおさえて密着を。

⑥生えぎわをなぞって境目をなじませる

何もついていない部分か、一度ティッシュオフしたパフでフェイスラインをおさえて整える。

Point

メイクはなんでもファーストタッチ(始点)を意識して

キャンバスに絵の具をのせたときと同様、いちばん初めに置いたところがいちばん濃くつきます。それを頭に入れておきつつ、下地やファンデ、アイメイクやチークの際も、“濃くつけたいところからスタート”が基本!

あわせて読みたい

Photograph:Hiroshi Fujiwara(Pygmy Company)Styling:Miyuki Naito Model:Kumi Sasaki(exclusive)

RELATED

関連する記事