Ray

【名刺交換】今さら聞けない!よくある失敗から学ぶ「正しい交換マナー」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【名刺交換】今さら聞けない!よくある失敗から学ぶ「正しい交換マナー」
名刺は社会人の「顔」と言われているくらい大事なもの。でも、あなたは自信を持って正しい「名刺交換」ができると言えますか?今回は、名刺交換の失敗あるあると共に、正しい方法をレクチャーします。正しい名刺交換を覚えて、明るい社会人生活をスタートさせましょう!
CONTENTS
  1. 名刺交換の失敗あるある!
  2. 正しい名刺交換
Check!

名刺交換の失敗あるある!

Voice01

名刺交換に夢中で下ばかり見ていた

名刺を渡すことに夢中で、下を見ている人が多数。これでは顔と名前が一致しません。おじぎをしたあと、しっかり相手に顔を向けて。

Voice02

名刺入れがもらった名刺でパンパンに

分厚くふくれ上がった名刺入れを持ち歩くのは不作法です。適宣、整理整頓を。また名刺入れも汚れたらとりかえ、清潔感のあるものを選んで。

Voice03

もらった相手の特徴を名刺にメモ

相手の目の前で名刺にメモ書きするのはタブー。会社に戻ってから、名刺の裏に必要な情報を書き添えましょう。

Voice04

名刺を切らしてしまった

「先日は失礼いたしました」とおわびをしながら後日あらためて渡すか、郵送を。

Voice05

名刺入れがすぐに出てこない

モタモタ名刺入れをさがしている姿は、スマートではありません。取り出しやすい位置にあらかじめ準備しておきましょう。

Voice06

名刺交換する相手の役職がわからない

一般的に、役職が上のほうから順番に名刺を渡します。ですが最近では見た目、年齢と役職が違うこともあります。その場合は「大変失礼いたしました」とひと言添えて。

Voice07

相手の名前が読めない!いきなり聞くのは失礼?

相手の名前を間違えるほうがもっと失礼。「〇〇様とお読みしてよろしいでしょうか?」と確認を。

How to

正しい名刺交換

立って、相手に読める向きにして両手で渡す

必ず立ち上がり、交換する相手と向かい合って行います。相手に名刺が読める向きにし、両手を添えて渡します。訪問を受けたときは部署と名前を、訪問したときは会社名と部署、名前をはっきり名乗り、軽く会釈をしながら渡します。

受け渡しは両手が基本ですが、今は同時交換もマナーの範囲とされています。その場合、右手で自分の名刺を差し出しながら、同時に相手の名刺を左手に持った名刺入れの上で受けとります。右手があいたら、すぐに両手でいただいた名刺を持ちましょう。

名刺をいただいたら...

いただいた名刺はすぐにしまってはいけません。いただいた名刺が1枚なら、名刺入れの上に。複数枚の場合は、テーブルの右手に相手の席順通りの順番で並べ、名刺入れはその手前に置きます。立ち話で名刺が並べられない場合などは、その場で名刺入れにしまってもOKです。

Point

名刺交換のポイントまとめ

◆立ち上がり、自分の胸の高さで名刺を持ち、 差し出す

◆受け渡しは両手で

◆相手の名刺を受けとった際は 名前・社名・ロゴに指がかからないように注意!

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com