【部活女子】ゆるニットで体がデカ見えするチア女子のための着やせコーデ

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
【部活女子】ゆるニットで体がデカ見えするチア女子のための着やせコーデ
運動部がゆえのハードな練習の日々で、気づけは二の腕と太ももには筋肉がしっかりつき、肩幅はがっしり・・・。 オフショルや、ゆるふわニットみたいな可愛い服が似合わない(泣)。そんなお悩みを抱える【部活女子】のみんなへ、プロのスタイリストさんによる秘策を伝授!! スタイルアップしながら、がっしりボディでもガーリーになれる着こなしを、上智大学のチア部の現役メンバーがトライしてみたよ!

チア部あるあるな体型のお悩みをRayスタイリストが解決!

上智大学応援団チアリーディング部EAGLESに所属する女子大生たちに、ファッションに関するチア部ならではのお悩みを調査!

運動部の応援だけでなく、競技としてのチアリーディングにも取り組み、大会前はほぼ毎日練習をしている部活ガチ勢!
それだけに一見スラっとしてるようでも、服を着ると“あれれ〜!?”な状態になることがあるんだって。

アクロバティックなジャンプや、スタンツという組体操的な技をするときに支える役割の「ベース」や「スポット」というポジション担当だと、特に体のいろんなところがガッシリしていくとか😲

チア部あるあるなファッションのお悩み

  • 通称“地面”な肩幅のデカさが気になってオフショルが着られなくなった!
  • 筋肉しっかり二の腕が“太い”&“カチカチ”で女らしさがない!
  • ゆるシルエットの服なのに、ジャストサイズみたいに見える(泣)!
Pick up

「ゆるニットを着るとガタイのいい人に見えるだけで、可愛く着こなせない!」

井熊瑠衣さん(上智大学 外国語学部3年)/ ポジション:スポット

がっちり体型でも、ゆるニットを可愛く着ることってできませんか?

わたしは太ももが一番のお悩みポイント。なのでそこを隠すために、ロングでふわっとした形のスカートを履くことが多いですね。
だからその分、上半身をなんとかコンパクトに見せるためにウエストINしたり工夫してるんですが、肩幅もあるので着られるコーデがパターン化しがち。

最近気になるのがゆるニット。女のコがあえて大きいニットを着たときの、ゆるっとした感じって可愛いなぁって思うんですが、自分じゃ着られない😢

私がオーバーサイズのニットを着たら、ただの“デカイ人”にしか見えなかったんです!

私みたいな体型でも、ゆるニットをスタイルよく見せながら可愛く着る方法ってありませんか??

Coordinate

ベルトを締めてウエストを細く見せれば、太もも&肩もいいメリハリに変換できる!

スタイリスト・内藤さんが細見えゆるニットコーデを伝授!

ニットの上からベルトでウエストマーク! スカートはあえて細身を選ぶのが正解

ここがポイント!

ニットのだぼっと感が上半身から太ももまで続くと、ずどんとスタイルが悪く見える要因に。
なので、ゆるニットの上からベルトを締めてウエストのくびれを強調して!

細見えに必要なメリハリはつけすぎると、細い部分は細いけど、太い部分も太く見える危険も。だから今回のボトムは、ひらひらスカートほどボリューミーじゃなく、スキニーパンツほどタイトすぎない、Iラインのスカートを選択。

落ち感がキレイなとろみ素材のスカートだから、太ももの形を程よくぼかしてくれる効果があります!

(スタイリスト・内藤美由貴さん)

ニットカーディガン 2,990円+税/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード ロゴロングTシャツ 891円+税/ハニーズ ハート柄スカート 12,000円+税/ウィルセレクション ルミネエスト新宿店 ピアス 1,600円+税/アネモネ(サンポークリエイト) バッグ 4,900円+税/カシュカシュ(アンビリオン) パンプス 5,900円+税/RANDA ベルト/スタイリスト私物

Voice

「膨張色のゆるニットなのに体が大きく見えないのがうれしい♡」

ゆるニットかつ白って膨張しそうなのに、こんなにすっきり見えるなんて驚きです!!

細く見せるために色は濃い色、キリッとしたデザインがいいだろうと思ってたけど、
こういうやわらかい女のコらしい格好でもスタイルアップできるのがうれしい☺️

このスカートも、太ももが細く見えて感激でした✨

(井熊瑠衣さん・上智大学3年)

チア部仲間からもホメられました!

「いつもキリッとしたイメージに比べて、女のコらしさがグンと増してる! こっちの雰囲気も似合ってる♪」

「普段のマキシスカートやスキニーパンツのコーデより、脚も細く見えるよ!!」

「全体的にほっそり見えるし、肩幅・二の腕・太もものチア部共通のデカ見えパーツがどれも細くなった気がするー😲!」

部活女子のお悩み解決をサポートしてくれたのは・・・

スタイリスト・内藤美由貴さん
ファッション誌「Ray」で活躍するスタイリスト。トレンドもスタイルアップも同時に叶えるスタイリングに定評あり。自身も学生時代に運動部に所属していた経験から、部活女子ならではの筋肉質ボディのお悩みも熟知。

撮影/谷口巧(Pygmy Company)  スタイリング/内藤美由貴 ヘア&メイク/森川誠(PEACE MONKEY) 取材・文/政年美代子

あわせて読みたい記事↓

RELATED

関連する記事