彼にヤキモチを妬かせるために異性と仲良く…これってアリ?彼の愛情を確認したい!

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
 彼にヤキモチを妬かせるために異性と仲良く…これってアリ?彼の愛情を確認したい!
一体どこで覚えてしまうのか...この世には「好きな人にヤキモチを妬かせたい」という感情が存在します。「ヤキモチを妬かせたい」それはつまり「自分への愛を確認したい」という女心なんだと思います。しかし『ヤキモチ作戦』って上手くいくものなの? 今回は実際に『ヤキモチ作戦』を実行した経験がある人の体験談を交えて検証してみましょう!

恋愛観・恋愛体験についてのアンケート

【女性に質問】ヤキモチを妬いてほしくてわざと異性と仲良くした経験はありますか?

ある ... 53.0%
ない ... 47.0%

©ラブリサーチ

アンケートでは「ある」が160名、「ない」が142名という結果に。

『ヤキモチを妬かせたい』それはつまり、『自分への愛を確認したい』という心理の表れなのでしょう。しかし、果たして【ヤキモチ作戦】は上手くいくものなのでしょうか?

今回は、実際に試してみたという方々の体験談も交えながら、検証してみましょう♪

Pick up

『ヤキモチ作戦』は幼稚⁉ クールな「ない」派の意見

・「そんな幼稚臭い事…そういう人こそ次は『束縛が酷くて…』と泣き喚くんですよね」
・「自分がされて嫌な事は相手にしない。当たり前のこと。相手にされたら逆に引く。それにそういう事をする人は男女共にその程度の人が多い。自分の格を下げるだけ百害あって一利無し」
・「ヤキモチ以上に信頼が崩れるかもしれないから」
・「一番大切な人に誤解をされてしまうと困る&ヤキモチ目当てで接した男性に勘違いされても迷惑なので、しません」

まず、最初に「ない」派の意見を見てみると「自分がされて嫌なことは相手にしない」、「誤解されたら困る」「そんな幼稚なことしない」など、至って冷静なコメントばかり。中には「百害あって一利無し」という厳しい意見も。

「本当は興味があるけど...勇気が...」というような意見はゼロ! みなさんキッパリと『ヤキモチ作戦』を否定しております。まさにそうなんです。その通りなのは分かっているけれど、そんな簡単にいかないのが女心!

それでは、いよいよ『ヤキモチ作戦』を遂行したみなさまの意見を聞いていきましょう。

Pick up

してみたけれど、効果なし...『ある』派の意見

・「反応はイマイチわからなかった」
・「全く気にしてもらえなくて、自信がなくなった」

・「きづいてもらえなかった」
・「男の子の友達と遊びに誘われたんだけど、いいかな?って聞きました。そしたら、そういうこといちいち聞かなくていいよって…失敗に終わりました」

・「特に反応もなくさみしい感じでした」
・「ヤキモチを妬かずに、ただ冷たく「あっそう」と言われた(笑)」
・「最近よくLINEしてるとか電話してるとか言ったら、やり方が甘かったみたいで、最近仲良いね、と言われただけで反応が薄かったです」

ヤキモチ作戦遂行者の回答は、「イマイチわからなかった」「反応が無かった」など、全く気づいてもらえなかったという人が多数! どうやら、軽いジャブ程度では、なかなかヤキモチを妬いてもらえないみたい。

そこで、もっと踏み込んだ人の回答も一部紹介します。

・「期待していたほどのヤキモチを焼いてはくれなかったけど、イライラしたような感じで少し機嫌が悪くなりました。あとで機嫌をとって仲直りするのが大変だったので後悔しました(汗)」
・「ヤキモチを通り越して、イライラされた…加減が難しいなと感じました(笑)」
・「かまってほしくて他の男子と仲良くしたことあるけど、うまくいかず別れちゃいました」
・「逆効果だったらしく、後で怒られました」
・「異性とデートしてみました。それを話してみたらわたしの想像以上にショックを受けたみたいで、その後のフォローが大変でした…。」
・「その時は反応なし。別れ話になった時に、私の気持ちが離れて行ってると思ったと言われ、失敗だったなーと」

やり過ぎてしまい彼を傷つけてしまったり、自己嫌悪を感じたり...「ヤキモチ作戦」を実行したことを反省しているコも多数おりました。他にも「浮気を疑われた」「喧嘩になった」「怒られた」「上手くいかず別れた」などといった辛く悲しい回答も...。

彼の気を引きたくて、あるいは「俺のそばにいろよ」という類の“グッとくるセリフ”を彼に言わせたい...。そんな軽い気持ちで、他の異性と仲良くしただけのつもりが、取り返しのつかないことにもなりかねないようです!

Point

『ヤキモチ作戦』成功例はごくわずか

・「心配してくれたので作戦成功です!」
・「後から電話がかかってきて、『なにしてんの?妬かせたい訳?ムカつく 超妬いた 今から家に行くけん』と言われ、家に来たあと軽くお説教されました(笑) だけど、私への気持ちを再確認してくれたみたいで、嬉しかったです♪」
・「やきもきを焼かれ過ぎて大変でしたが、彼自身、やきもき焼いた事を謝ってくれてその後もっとラブラブになりました」
・「やきもちをやいたのか、すりよって来ました(笑)」
・「とても嫉妬していました(笑)泣きそうになりながら、辛かったと言われ、つい可愛いと思ってしまいました(笑)」

『ヤキモチ作戦』に成功した人からは「ヤキモチを妬いたことを謝られ、その後ラブラブに」「家に帰ったあと、いつもよりボディタッチが多かった」などのコメントもありましたが、このようなおノロケな回答は、本当にごく僅か!!

ちょうどいい具合にヤキモチを妬かせるには、相当なテクニックが必要ということです! 『ヤキモチ作戦』はまるで、キャンプで炊くお米の火加減のごとく難しいものと覚えておいて損はナシ!!


いかがでしたか?
『恋愛』に『駆け引き』はつきものかもしれません。しかし、愛する人の前では、やっぱり素直でいるのが一番だと思いますよ♪

【取材協力/ラブリサーチ】

RELATED

関連する記事