【2019秋リップ】いつもの赤にブラウンをプラス♡女っぽ唇の作り方

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
【2019秋リップ】いつもの赤にブラウンをプラス♡女っぽ唇の作り方
通年定番の赤は、ブラウンに近い渋みのあるレッドへとトーンが移行。他のパーツはナチュラルメイクでも、いっきに秋のよそおいになるんです♡あからさまに女っぽいカラーだけに、ツヤはひかえめにするのが好バランスの法則!おすすめアイテム&メイク法をチェックしてね。

赤みリップはダーク系にシフト

【A】タトワージュクチュール30
4,300円+税/イヴ・サンローラン・ボーテ
▶マットテクスチャーを選べばさらに個性が光る。

【B】ルージュピュールクチュールザスリムシアーマット107
4,300円+税/イヴ・サンローラン・ボーテ(9/27発売)
▶つけやすい透けマットなブラウンレッド。

【C】マシュマロルックリップスティック032
1,300円+税/リンメル 
▶ほどよいセミマットな質感でふんわり&こっくりリップに。

【D】リップカラー08
3,200円+税/イプサ
▶クリーミーなつけ心地のマットなテラコッタ。

【E】ストーンブロッサムリップス01
3,500円+税/RMK Division(限定)
▶クリームテクスチャーが唇をしっとりと秋色に染める。青みボルドー寄りのカラー。

How to

リップメイク

リップブラシにCをとり、リップラインをキレイになぞってから中を塗りつぶして。

きちんと塗りでリップ主役の顔に

リップブラシで輪郭、特に上唇の山部分をていねいにとらえたクラシカルなつけ方が◎。顔全体がキリッと引き締まって見えて、それだけで雰囲気チェンジにひと役。

ブラウス 9,500円+税/JILL by JILLSTUART

あわせて読みたい

撮影/花盛友里(モデル)、 坂田幸一(物)ヘア&メイク/間隆行(Lila) スタイリング/内藤美由貴 モデル/吉田朱里(本誌専属)

RELATED

関連する記事