そろそろ恋人に...「いい感じ♡」の相手から【告白してもらう方法】4選

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
そろそろ恋人に...「いい感じ♡」の相手から【告白してもらう方法】4選
「そもそもデートしている時点で好きだから告白されたい」「もう何度かデートもしたし、告白されたら付き合いたいな」というような、『いい感じ』『いい雰囲気』の彼がいるってコも多いはず。だけど、彼がなかなか決定打(告白)を打ってこないとなると、なんだかモヤモヤ...。どんなタイミングで告白されたいかは個人差があるものの、やっぱり女子としては男性側から告白されたい! 今回は、いい雰囲気の彼から告白してもらうための方法を考えてみました♡

女子としては、好きな男性からは『告白されたい』と願うもの♡

早く白黒つけたい派もいれば、慎重派もいると思います。

しかし『もう何度かデートして、恋人になる気は満々♪』って状況でもなかなか告白の決定打が打たれないってことも...。

デートについてのアンケート

【女性に質問】告白されるなら何回目のデートが理想ですか?

1回目    ... 31%
2~3回目 ... 51.9%
4~5回目 ... 13.9%
それ以上  ... 3.2%

©ラブリサーチ

アンケートの結果を見てみると、告白の理想は「彼のことをある程度知ってから」「一度2人で会っただけではまだわからないので」と考えている人たち、【2~3回目】のデートで告白されたいという結果に。

このように、告白されたいタイミングには個人差はあるものの、とにかく女子の皆さんは男性側からの告白に期待を寄せているようです♡

そこで、今回は! いい雰囲気の彼から告白してもらう方法を考えてみました‼

How to

告白してもらう方法その①:あなたのこと好きですよアピール

「好きです、付き合ってください」とは言わなくても、それと同等の言葉を彼に伝え【私に告白したら成功率100%ですよ】と知らせてあげるという手法です♡

彼もあなたの気持ちが知りたくてドキドキしているはず。しかし、一般的に、男性はプライドが高い人が多く『ダメもとで告白してみる』という考え方をする人が少ないと言われています。
そのため「◯◯君と一緒にいると楽しいから、ずっと一緒にいたい」とか「◯◯くんが他の女の子と遊んでたら悲しいから嫌だなぁ」とか、そういう素直な気持ちを言葉に出してみるのがオススメ♪ 告白ではなく『あくまでも個人の感想を述べている』感覚でやってみて!

How to

告白してもらう方法その②:ボディタッチをする

素直な気持ちを言葉にするのは恥ずかしい!という人は...ボディタッチで気持ちを表現してみてはいかがでしょう♪
以前、某所で恋愛セミナーを開いている方に聞いた話だと『二の腕』か『内もも』を触るのがいいそうです♡ 内ももというのは、結構勇気がいるような気もしますが...カウンター席で2人並んで飲んでいる時にさりげなくタッチしてみて。たちまち彼が告白モードに変わってしまうかも⁉

このボディタッチ方は、普段からさまざまな異性にボディタッチをしている人には、あまり効果的ではないかもしれませんのでご注意を! ポイントは彼に『俺にだけボディタッチが多い』『今日はいつもよりボディタッチが多い気がするな』と感じてもらうこと♪

How to

告白してもらう方法その③:シチュエーションを提供する

言葉で告白へ導くのも、ボディタッチも照れくさくて出来ない!という人は『彼が告白したくなる雰囲気』を提供してみるのはいかが?

これは、ボディタッチとは違って空気を作るものなので、高度なテクニックが必要になってきますが....達成した時の感動もまたひとしおかも♡

あなたの方から「飲みに行こう」と誘ってみたり、もしくは1軒目で飲んだ後に「ちょっと散歩しない?」などと誘って、2軒目で証明が暗めのバーに行ってみたり、カップルだらけの公園に行きたたずんでみたり。夜景が綺麗に見える高層ビルやタワーへ行ったり...etc.が1番シンプルなパターン。
とにかく、ここで重要なのは「これってカップルが行くところだよね?」というシチュエーションに彼を誘ってあげること♪ よほど鈍感な彼ではない限り『これは、告白してもいいサイン』と気づくでしょう!

How to

告白してもらう方法その④:友達に援護を頼む

言葉もボディタッチも、雰囲気づくりも無理!という人は...仕方ありません! 奥の手ですが、第三者に助っ人になってもらいましょう‼
単刀直入に『◯◯ちゃんは、◯◯くんのこと好きみたいだから告白してあげて』と頼んでもらうのです。

助っ人を探すまでが大変ですが、共通の友人など、快く引き受けてくれる人が見つかればスムーズに進むことができるでしょう♡ 
しかし、恋は付き合うまでの愛のはぐくみ方も重要なポイント。この方法は、本当にどうしようもない時だけにして、できるだけ2人のことは2人で頑張ってみましょうね♪


いかがでしたか?
今回は4パターン紹介しましたが、とにかくポイントは【彼に告白しやすい土壌を提供すること】です!

結局のところ、告白してもらうためには努力が必要ということになってしまいますが、だからこそ掴んだ愛は大切に育てたいと思えるもの♡ ぜひ、いい感じの人がいる人は頑張ってみてくださいね。

【取材協力/ラブリサーチ】

RELATED

関連する記事