Ray

ファンと共に過ごすクリスマス・イヴ 外の寒さも吹き飛ばすほど、温かい空気に包まれたホンギのソロコンサート

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
B5b791aa5c346e2fc5276b0aeb29461ed37d78aa
約3年ぶりとなる2枚目のソロアルバム『Cheers』を発売したFTISLANDのボーカル、イ・ホンギが『2018 Solo Concert in Japan“Cheers”』をパシフィコ横浜国立大ホールで開催。12月24日のクリスマスイブに行われた公演をレポート!

コンサートは、韓国のファーストソロアルバムに収録の「INSENSIBLE」からスタート。別れた恋人を忘れられない男性の姿を歌った切ないバラードナンバーで、冒頭からホンギの力強くも儚い歌声が会場に響き渡る。同じく感性的な「雨が降ります」が続き、ファンも感情移入しながら耳を傾けていた。

ソロ活動では、FTISLANDの時と違う姿や音楽を届けたいと公言しているホンギ。MCでは「(前の公演の)名古屋では失敗したんだけど、今日こそ真面目な役を演じます(笑)」と切り出して笑いを誘う。横浜公演がクリスマス・イブとクリスマスの2日間ということもあり、「今日と明日は僕が一番好きな日。赤いペンライトがクリスマスにピッタリだし、(ゴールドの)衣装のコンセプトはプレゼントボックス。私がプレゼントですよ、みたいな(笑)今日はみんなに色んなものをプレゼントしようと思います!」と語った。

「今回はソロライブなので切ない曲から始めてみました。ここからはテンションを上げていきましょう!」と呼びかけると、続いてアップテンポなナンバーが続くパートに。ダンサーも登場して、まさにソロライブならではの盛り上がりを見せる。セカンドアルバムに収録の新曲「Glorious Love」でホンギに煽られたファンが一体となって歌う光景は、FTISLANDのライブと同じだ。

途中、「ホンキラ(イ・ホンギのKISS THE RADIO)」にて1年半の間ラジオDJを務めていた経験を活かしたラジオコーナーを開催。そこによせられた悩みに、巧みに答えていく。

最初は「私にとってライブは家庭から離れて楽しむ時間なのに、旦那が一緒に行きたがる。どうしたら良いですか?」という相談。「チケットがもう1枚売れるってことだから嬉しい!」と素直な感想に会場は大爆笑。「別々の席でチケット取ったら良いんじゃない?自分は前の席で、旦那さんは一番うしろ(笑)。」と、なかなかの懐柔策を提案。

「10歳の息子が甘えん坊でライブに行くのもヤキモチを焼いて大変。男の子は何歳まで甘えん坊なんですか?」という相談には、「僕を見ればわかりますよね、男って変わんない(笑)ずっと甘えん坊です(笑)」と言いながら、「1番はあなただけど、あなたとは毎日会えるから2番目に会ってくるね。もし行きたくなったら一緒に2番目に会いに行こう!ってなればチケットがもう1枚売れる(笑)」と巧みにネタをかぶせて笑いを取っていた。

中盤のステージでは、ドラマ「スイッチ~君と世界を変える~」のOST「Raise Me Up」や韓国の番組で披露した曲「中毒になった愛」「彼女の恋人へ」などを披露。ソロライブでしか見られないスペシャルステージは、まさにファンへの嬉しいクリスマスプレゼントとなった。

新しいアルバムでラッパーとフィーチャリングしている曲は、同じ事務所の後輩であるN.Flyingのスンヒョプをゲストに迎え入れたコラボステージ。スンヒョプが「クリスマスにホンギ先輩とコンサートができて嬉しいです!ホンギ先輩大好きです!」と言うと、「(喋り方が)ロボットみたいだな!(笑)」と照れ隠しでツッコみつつも「僕の一番大好きな後輩です。」と紹介。2人で「BONFIRE」「COME TO ME」「COOKIES」の3曲を披露した。

最後のパートへ行く前に、まるで大切な友人に語りかけるようにホンギが言葉を紡ぐ。「次の曲はみなさんを考えながら作った曲。よくSNSのコメントで「なんでホンギは『愛してる』っていう言葉を使わないの?」って言われるんですけど、『愛してる』より本気の気持ちを込めて『本当にありがとう』っていつも言ってるんです。『本当にありがとう』の言葉が100%本気の気持ちです。」

そう話すと「Thank you」のステージへ。ホンギが歌に込めた想いを受け取ろうとファンはじっと聞き入り、会場は温かい雰囲気に包み込まれていた。続けてクリスマスソングの「Miss X-Mass」、アルバムのリード曲で前向きな歌詞とサウンドが聞く人を元気づける「Pathfinders」を歌唱し本編は終了。

アンコール1曲目は「YELLOW」。歌詞の中の”MY YELLOW”は太陽であり、同時にPrimadonna(ファンの名称)の色がイエローであることも意図していると言うホンギ。自身が上手くいかなかった時期に誰かに話を聞いてほしいと感じた経験に触れ、「ただお互いの話を聞くだけで良い」と、自分とファンの関係について真摯に話す姿が印象的だった。

 最後に「GOOD NIGHT」を披露して、笑いあり感動ありの心温まる公演は幕を閉じた。

 ファンに向けてその時のリアルな感情を正直に日本語で語ってくれる姿は、ホンギとファンが長年かけて築いてきた絆を感じさせた。現在はFTISLANDの活動準備中とのことなので、FTISLANDの動向も要注目だ。

撮影/ヤマダマサヒロ

RELATED

関連する記事