Ray

【就活】バンダイナムコで1日インターン!ゲームプロモーションの業務とは?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【就活】バンダイナムコで1日インターン!ゲームプロモーションの業務とは?
憧れ職業で働く先輩へ、Ray読者を代表してプリ♥クラが訪問!今回は「バンダイナムコエンターテインメント」でゲームプロモーションを体験させていただきました。多くの人の手によって生み出されたゲームを、消費者に伝えるためにしていた工夫とは⁉
目次
  1. バンダイナムコエンターテインメントで"野球ゲームのプロモーション"を体験したい!
  2. バンダイナムコエンターテインメントで働くってどんな感じ?
  3. 1日のスケジュールはこんな感じ!
  4. 野球ゲームの球場プロモーションに企画会議から参加しました!
  5. 体験を終えての感想
Topic01

バンダイナムコエンターテインメントで"野球ゲームのプロモーション"を体験したい!

訪問したメンバーはこちら

今回は、まいまい&なつき(プリ♥クラ)の2人が訪問。初めての体験にドキドキ!

教えてくれたのは河合志恵里さん

NE事業部 NEプロモーション部国内プロモーション2課。ゲーム好きが高じて2015年に新卒で入社後、家庭用ゲームを取り扱う部署において制作・宣伝の両方を経験。現在はスマートフォンゲームの宣伝に携わる部署で、国内向けのモバイルコンテンツのプロモーション業務や、ポータルサイトの運営業務を担当。

Topic02

バンダイナムコエンターテインメントで働くってどんな感じ?

ゲームを扱っているということで自由でクリエイティブなイメージのバンダイナムコエンターテインメント。働きたいと思った理由や、普段の業務の中で感じていることなどを教えてもらいました!

バンダイナムコエンターテインメントの魅力は?

「若いうちから挑戦させてもらえる環境」です。2年目からは、担当タイトルを持って主体的にプロモーションを回していくようになります。年令に関係なく意見を真剣に聞いてもらえる環境は働きがいがあり、何より勉強になることばかりです。

実際に働いてみて大変だったことは?

入社前は「ゲーム会社だからゲームのことだけ楽しく考えていればいいんだ!」と短絡的に考えていましたが、実際は数字の根拠や世情があって論理的な説明が必要なことを知りました。今思うと当たり前なのですが、当時は衝撃的でした。

バンダイナムコエンターテインメントを志望した理由は?

子どものころからアニメや漫画、ゲームが好きだったことも理由ですが、何より面接がすごく面白かったんです! 面接を受けているのに楽しくて、社員も個性的で魅力的な方が多く「一緒に働きたい!」と思えたのが大きな決め手でした。

Topic03

1日のスケジュールはこんな感じ!

9:45 出社・メールチェック

10:00 進捗ミーティング
業務の進捗状況を共有したり、プロモーションに関するノウハウを発表したりします。

12:00 社内カフェテリアでランチ
上層階の社食は眺めがよくメニューも豊富!

13:00 イベントについてのミーティング

14:00 プロモーション・スケジュール考案

16:00 PV打ち合わせ
担当ゲームのプロモーションビデオを、映像制作会社の担当者と一緒に擦り合わせします。

17:00 販促物や資料制作
イベントなどで配布する販促物のラフ制作や、プレゼンで使用する資料の作成をします。

19:30 退社

Topic04

野球ゲームの球場プロモーションに企画会議から参加しました!

野球ゲームを知ってもらう場としてぴったりな、球場でのプロモーション企画。野球ファンに向けて何を使ってプロモーションをすれば興味を持ってもらえるかを考えるところからスタートです!

Pick up01

新しい販促物について会議

新しくゲームのサービスが始まるタイミングに合わせて、過去の事例を振り返りつつ今回のプロモーション計画を考えていきます。

「球場に野球を観戦しにきた人に配る販促物」という点を考慮して、より効果的に宣伝ができるグッズを考えて意見を出していきます。

Pick up02

販促物のサンプルをチェック

自分たちの原案やラフをもとに実際に制作されたサンプルを確認しながら、改善点などを話し合います。

のぼりのような大きい販促物は、実際に球場で設置されている場面を想定することが重要です。いろいろな角度から見え方をチェックします。

Pick up03

プロモーション用ポスターのラフ作成

ポスターを制作してくれるデザイナーさんに自分が思い描くポスターイメージをわかりやすく伝えるため、言葉ではなくラフで説明することも。

ポスターにどんな要素を入れたいか、どこを目立たせたいかが伝わるように、大小をつけて強調したりしながらラフを作成していきます。

完成!

Topic05

体験を終えての感想

なつきの感想

何げなく見ている販促ポスターには文字の位置やレイアウトにこだわりが詰まっていることを知り、これからは意識して見てみたいと思いました。そしてオフィスが近未来的できれいだったので、思わずはしゃいじゃいました!

まいまいの感想

企業の社屋に入る機会なんてほとんどないので、実際に企画会議に参加したり食堂に案内してもらったりして、とても貴重な体験となりました。ゲームのように人の笑顔をつくる会社は、とても素敵だなと感じました♪

以上、バンダイナムコのお仕事調査でした。ぜひ就活やインターンの参考にしてみてね♡

撮影/黒澤俊宏(主婦の友社写真課) 一部分/森田智沙

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com