Ray

山﨑ケイのちょうどいいブスのすすめ

「ちょうどいいブスができるまで」同級生対談03  「山﨑ケイ、ガールズバンド結成だってよ、の巻」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
42310dd22d1c00a914e24009998b767703a279e8
みなさん、こんにちは。 相席スタートの山﨑ケイです。

今回も私の中学・高校時代の同級生で今でも親友の「めいわ」を招いてお届けします。

前回まで私とめいわのイケテない学生時代についてお届けしました。

 

めいわ:うん、改めて振り返ると本当イケてなかったよね(笑)。おけけ(ケイさんの学生時代のあだ名)と私、結局どっちがブスだったのかな?

 

ケイ:遺伝子的にはめいわの方が優れてるけど、総合点は私

 

めいわ:何それ(笑)。

 

ケイ:女として努力しているのは私だし、男性から女として見られたいって気持ちは私の方が強いから私の勝利です!



めいわ:まだ終わってないから、この勝負! でもさ、今でこそ女って感じになってきたけど、昔のおけけは本当にイケてなかったからね!

ケイ:だから、もう出さないで(笑)! めいわも結構イケてなかったからこそうちら友達になったんだと思うし(笑)。でもさ、うちらは「ちょうどいいブス」にふさわしい青春時代だった気がする(笑)。

 

めいわ:今でいうところの“リア充”っぽいことしてこなかったよね。


ケイ:学校自体がリア充何それっていう学校な上、部活動もほぼしてこなかったしねぇ。

 

めいわ:でもバンド組んでたじゃん!

 

ケイ:それ言う? 言っちゃう(笑)?

 

めいわ:え、なんで? 隠したいの?

 

ケイ:隠したいってわけじゃないけどさ、なんか美人じゃないそこそこブスがガールズバンド組んでたって恥ずかしくない(笑)? もちろん当時はそんなこと微塵も感じてなかったけど。

 

めいわ:でもさ、おけけと私は可愛くなかったかもしれないけど、他のメンバーには可愛い子いたじゃん!

 

ケイ:確か中2で結成したんだよね。バンド名覚えてる?

 

めいわ:もちろん! “じょばーな”だったよね! 5人組のガールズバンド!

 

ケイ:そうそう、ひらがなで。ダサかったね(笑)。

 

めいわ:ンなことないわ(笑)! 

 

ケイ:確かめいわがめっちゃGLAYのファンで、中学卒業する頃函館旅行に行って、GLAYの聖地のライブハウスに行ったとか言ってたよね。

 

めいわ:そう! そのライブハウスの壁に“じょばーな、参上!”って書いてきた(笑)。

 

ケイ:ダサすぎる(笑)!

 

めいわ:うるさい(笑)!

 

ケイ:めいわはあの頃から美人キャラを捨ててはいたよね。

 

めいわ:だって美人じゃないことぐらいわかってたもん。でもなんで?

 

ケイ:だってバンド結成の時に自らドラム志願してたからさ。今でこそ美人ドラマーって結構いるけど、当時はドラムっていうとどちらかというと三枚目キャラがやるもんだったじゃん。

 

めいわ:おけけは最初、ドラムやるはずだったんだっけ。

 

ケイ:そうなの。PENICILLINのドラムのO-JIROに似てるって言われて(笑)。いや別にO-JIROさんがどうこうじゃなくって(笑)。女子中学生がビジュアル系バンドのドラムの人に似てるってこと自体がなんか…あれでしょ(笑)。

 

めいわ:おけけ、言葉濁してる(笑)。炎上に敏感になってるな(笑)!

 

ケイ:まぁいろいろ考えて、ドラムポジションの青春時代は嫌って思ったの。それでギターを志願して、結局はキーボードに落ち着いたんだけど。

 

めいわ:意外と真面目に活動してたよね。文化祭にも出たし。

ケイ:普通の学校だと、女子のいけてないグループがガールズバンドで文化祭に出るみたいなことってすごく勇気のいることだと思うけど、うちらの学校はちょっと特殊でその辺り全くプレッシャーもなかったよね。多様性を受け入れる学校というか。

 

めいわ:まぁぶっちゃけていうと、全体的にイケてない人が多い学校だったから、うちらものびのびできたよね。超進学校の滑り止め的なポジションだったから、全国の2軍が集まってた感じ(笑)。あ、当時はね。今はわかんないけど。

 

ケイ:当時は校則が厳しすぎて嫌だったけど、今となってはいい学校だったんだなって思うようになったよ。自分に子供ができたら通って欲しいぐらい!

 

めいわ:へんな校則たくさんあったよね。校長先生の話を全部速記してさらに清書させられたり、校舎に毎日お辞儀したり。

 

ケイ:テレビの話すら禁止の厳しい学校だったねー。通学路守らなかったぐらいで反省文書かなきゃいけなかったよね。めいわはGLAYの切り抜きを友達と交換して反省文書かされたのを覚えてる(笑)。

 

めいわ:修学旅行でハワイに行った時も反省文書いたなあ(笑)!

 

ケイ:そうだ! その時に人生で初めて「強制送還」って言葉を生で聞いたんだった(笑)。

 

めいわ:ただ就寝時間過ぎても寝なかっただけなんだよね。騒いだわけでも何か迷惑行為したわけでもなく。それなのに全校生徒集められてお説教タイムがあったのがハワイの思い出かも(笑)。

 

ケイ:寝なかっただけで日本に強制送還させられそうになったんだよね。でも今思うとこの真面目さが結構肌に合ってたんだよね。なんだかんだで今の自分の基礎はこの学校時代にできた気がするもん。

 

めいわ:そうなんだよね。根が真面目だから、不真面目なものに憧れつつも本当に不真面目人とは合わなかっただろうし。

 

ケイ:でもこうやった振り返ってみると、いけてないJC、JK時代だったよね(笑)。

 

めいわ:でもおけけは彼氏いたよね?

 

ケイ:あ!

 

次回、山﨑ケイの初めての男女交際が明らかになる!

山﨑ケイさん
profile  NSC東京校13期生、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。相方の山添寛さんとコンビ「相席スタート」を結成し、男女のちょっぴりエロい日常をネタにしたコントや漫才で人気を博す。ツイッター @kbbyky

RELATED

関連する記事