Ray

山﨑ケイのちょうどいいブスのすすめ

第53回:「ちょうどいいブスがナイトプールを語る」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
第53回:「ちょうどいいブスがナイトプールを語る」
みなさん、こんにちは。相席スタートの「ちょうどいいブス」こと、山﨑ケイです。
CONTENTS
  1. ナイトプール!!!!
  2. ちょうどいいブスがナイトプールを楽しめない理由とは?
  3. 「ブスはナイトプールに来るな」という注意書きが!
  4. 自意識過剰なちょうどいいブスはSNSをやめるべし⁉
  5. 連載を読む方はこちら↓【毎週火曜日更新】

夏も終わりですが、この夏最大のトレンドといってもいい、あるスポットの話題を今回はお届けしようと思います。

ちょうどいいブス的には避けては通れないこの話題のスポット……。それは……

ナイトプール!!!!

ナイトプールと聞き、この連載を読んでくださっているちょうどいいブスのみなさんは、みな顔をしかめたのではないでしょうか。
そう、それだけちょうどいいブスにとって、ナイトプールという存在は天敵なのです!
ナイトプールに限らず、インスタグラム全盛の今、ちょうどいいブスにとってこんなに居心地の悪い時代はありませんよね。

今まで避けて通ってきたこのナイトプールですが、今回はなぜナイトプールがこんなにもちょうどいいブスの心をざわつかせるのかについて考えてみようと思います。

ちょうどいいブスがナイトプールを楽しめない理由とは?

インスタ上にはいわゆる読者モデルクラスの<ちょうどいいかわいさ>の子たちがこぞってナイトプールに出かけた画像をアップしていますよね。

そんな姿を見るにつけ、たとえナイトプールに興味があったとしても「行きたい」などとは口が裂けても言えないようになってしまうのです。なぜかというと、ナイトプールに行っただけで「ひょっとして自分のことかわいいと思ってる?(ブスのくせに)」と周囲から囁かれているのではないかと邪推してしまい、その心の声に苦しめられるからです。

(見たことはないけれど)もちろんナイトプールにだってブスは大勢いるでしょう。だってナイトプールの禁止事項の中に、「ブスは入場禁止」と謳っているはずもないですから。

でも、ちょうどいいブスである私にははっきりと見えるのです。

「ブスはナイトプールに来るな」という注意書きが!

その注意書きが見えないブスも中にはいます。
でも私には見えるんです。 

しかしながらブスにだってナイトプールを楽しむ権利はありますし、その注意書きが見えないブスはおそらく人生を楽しく過ごせているはずなんです。
私はそんなブスたちを横目に見て、うらやましく思うこともあります。 

ブスだってナイトプールに行った報告ぐらいしたっていいじゃないですか。ナイトプールがダメなら、ブスはいったいどこに遊びに行けばいいんでしょう。

ブスはなんにも考えずに流行スポットに行くことすら許されないんです。たとえば寄席に行くとか大相撲に行くとか、もしくは歴女になってお城を巡ったり、山ガールになって本格的に登山してみたり、ちょっと尖ったひと工夫したセンスを見せなければ、美人たちと対等に渡り合うことができないのです。でもそれって大変じゃないですか(笑)。

自意識過剰なちょうどいいブスはSNSをやめるべし⁉

「ブス、お断り!」の書かれてもいない注意書きが見えてしまう私のようなちょうどいいブスという生き物は、自意識が過剰な傾向にあります。
そんな自意識をもっとも意識させられるのが、そう、SNS。 

SNSなんて自意識と自意識のぶつかり合いじゃないですか。
今でこそ私もツイッターはやっていますが、それでも仕事の告知などを中心に、なるべくこじらせた自意識がバレないように気を付けているつもりです。 

なんでそう慎重になっているかというと、以前FACEBOOKで自意識に苦しむがあまり、ドロップアウトした経験があるからです。

興味もない知り合いからの自意識投稿をさらりとスルーできない自分を自省してみたり、また自分自身、自意識過剰な投稿をしてしまいそうになるのをぐっとこらえたり……、苦行でしかありませんでしたね。

ある日、そんな苦しみから解放されたくなって、突然アカウントを削除したんです。
そうしたら想像以上にすっきりして、なんで今まで無理して続けてきたのだろうと思いましたね。 

知り合いに、私のような自意識をこじらせたちょうどいいブスがいるんですが、彼女とFACEBOOKをやっているかという話になったときに彼女がこう言ったのです。

「登録はしてるけど、めったにログインしないからやってないも同然」 と。

私は心の中で「なんたる面倒くさい自意識よ!」と盛大な突っ込みをしました。
そして世の中のちょうどいいブスたちは、みなSNSとの付き合い方に葛藤があることが改めてわかったのです。 

だから、私は今回声高に言いたいのです。

「ちょうどいいブスとSNSの相性は最悪。苦しいならやめてしまいなさい」と。

さぁ、アカウントを削除して、自意識から解放された世界に一緒に旅立ちましょう!と。

次回もちょうどいいブスがさまざまな事柄を検証していきます。

連載を読む方はこちら↓【毎週火曜日更新】

山﨑ケイさん 
profile  NSC東京校 13期生、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。 相方の山添寛さんとコンビ「相席スタート」を結成し、男女のちょっぴりエロい日常をネタにしたコントや漫才で人気を博す。 ツイッター @kbbyky

RELATED

関連する記事