Ray

【最新版】新世代K-POPアイドル総まとめ!デビュー年表

【最新版】新世代K-POPアイドル総まとめ!デビュー年表
世界中で大人気のK-POPアイドル。今回はそんな新世代K-POPアイドルをデビュー順にご紹介します。すでに推しがいる方も、そうでない方もぜひチェックしてみて!
目次
  1. 2012年デビュー
  2. 2013年デビュー
  3. 2014年デビュー
  4. 2015年デビュー
  5. 2016年デビュー
  6. 2018年デビュー
  7. 2019年デビュー
  8. 2020年デビュー
  9. 2021年デビュー
  10. 2022年デビュー
  11. 2023年デビュー
  12. 2024年デビュー

BTSやBLACKPINKをはじめ、世界を圧巻し、大人気のK-POPアイドル。

今回はそんなK-POPアイドルをデビュー順にご紹介します。「このグループのほうが先にデビューしていたんだ!」と意外な発見があるかも?

ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

2012年デビュー

BTOB

3月に1stシングル「秘密(Insane)」でデビュー。

グループ名の「BTOB」は「Born To Beat」の頭文字を組みあわせたもので、「新しい音楽(ビート)とステージを披露するために生まれた」という意味が込められています。

EXO

4月にミニアルバム「MAMA」でデビュー。

「未知の世界からきた新たなスター」というコンセプトのもと、アイドル離れした歌唱力とパフォーマンスの高さで世界中で人気を誇っています。

VIXX

5月にシングルアルバム「SUPER HERO」でデビュー。

最高のVoice、最高のVisual、最高のValueを兼ね備えたアイドルグループです。

2013年デビュー

BTS

6月に「No More Dream」でCDデビュー。

2020年リリースの「Dynamite」が米ビルボードで1位を獲得するなど、全世界でBTSブームを巻き起こしています。

2014年デビュー

GOT7

1月にミニアルバム「Got it?」でデビュー。

ミニアルバムのタイトル曲「Girls Girls Girls」は、YouTubeのMVの再生回数が同年に1000万回を突破するなど、世界中で人気を誇っています。

MAMAMOO

6月に1stミニアルバム「HELLO」でデビュー。

生まれた赤ん坊が最初に覚えて言うママ(MAMA)という言葉のように、世界中の人々に馴染む音楽がしたいという意味から「MAMAMOO」と名づけられました。

Red Velvet

8月にデジタルシングル「Happiness」を発売しデビュー。

「Red Flavor」「Peek-A-Boo」「Psycho」など数々のヒット曲を生み出してきた人気アイドルグループです。

WINNER

8月にアルバム「2014 S/S」でデビュー。

BIGBANGに続く、第2のボーイズグループをデビューさせるべく行われたアーティストデビュープロジェクト「WIN:Who Is Next」で見事勝利を勝ち取ったグループです。

2015年デビュー

OH MY GIRL

4月にミニアルバム「CUPID」でデビュー。

グループ名には「たくさんの人のマイガールになりたい」という意味が込められています。

MONSTA X

5月にミニアルバム「TRESPASS」でデビュー。

オーディションサバイバル番組「NO.MERCY」で勝ち抜いたメンバーで構成されており、ヒップホップ系のパワフルなダンスと歌の実力を兼ねそろえたグループです。

SEVENTEEN

5月にミニアルバム「17CARAT」でデビュー。

楽曲の制作から振りつけに至るまで、メンバー自身で担当しており「自主制作アイドル」と呼ばれています。

iKON

9月に「MY TYPE」がデジタル配信されデビュー。

ヒップホップの要素を取り入れた力強い楽曲と、圧倒的な歌唱力やダンス力で多くのファンの心をつかんでいます。

TWICE

10月にミニアルバム「THE STORY BEGINS」でデビュー。

グループ名には「良い音楽で1度、素晴らしいパフォーマンスで2度魅了させる」という意味が込められており、その由来のとおり1度見た人をトリコにしてしまうような魅力をもつグループです。

2016年デビュー

NCT

4月にシングル「The 7th Sense」と「WITHOUT YOU」でデビュー。

NCTはメンバー数の制限がないという新たな概念をもった、次世代グループ。「NCT U」「NCT 127」「NCT DREAM」「Way V」で構成されています。

また、2024年2月にNCT “最後” のグループとして「NCT WISH」の正式デビューが決定していますよ。

BLACKPINK

1stシングル「SQUARE ONE」でデビュー。

キュートな外見とは裏腹に、セクシーでクールなパフォーマンスと歌唱力の高さで世界中で人気を誇ってます。

2018年デビュー

Stray Kids

3月にミニアルバム「I am NOT」でデビュー。

2PMやTWICEらを輩出したJYPエンターテインメント所属のボーイズグループで、グループ名の「Stray」には、古い伝統や形式、システムを打ち破り、そこから抜け出すという意味が込められています。

(G)I-DLE

5月にミニアルバム「I am」でデビュー。

グループ名は、「ひとりひとり個性ある女の子たちが集まっている」という意味が込められており、2018年に韓国で最多となる新人賞10冠に輝きました。

ATEEZ

10月にミニアルバム「TREASURE EP.1:All To Zero」でデビュー。

グループ名は「A TEEnager Z」という言葉から作られており、「10代のA to Z」10代の全てを備えたグループであるという意味が込められています。

2019年デビュー

ITZY

2月にシングルアルバム「T'z Different」でデビュー。

TWICEの妹分にあたる5人組ガールズグループ。ガールズクラッシュな魅力で多くのファンに愛されています。

TOMORROW X TOGETHER

3月にミニアルバム「The Dream Chapter:Star」でデビュー。

グループ名には「それぞれ違う君と僕が1つの夢で集まって共に明日を作っていく」という意味が込められており、BTSの弟分として、整ったビジュアルとパフォーマンス力の高さで人気を誇っています。

EVERGLOW

3月に1stシングル「ARRIVAL OF EVERGLOW」でデビュー。

グループ名には「太陽の光が当たる日と当たらない夜があるように、光と影の両方を私たちだけの時間にする」という意味が込められており、韓国だけにとどまらずグローバルに支持を得ているグループです。

2020年デビュー

CRAVITY

4月にアルバム「CRAVITY SEASON1.[HIDEOUT:REMEMBER WHO WE ARE]」でデビュー。

デビューアルバムは2020年デビューグループの中で最も高いアルバム販売量を記録するなど、2020年の新人賞を多数受賞したスーパーポップアイドルです。

Weeekly

6月に1stミニアルバム「We are」でデビュー。

「毎日新しく特別な1週間をお届けする」をキャッチフレーズに、メンバーが1つずつ曜日を担当している彼女たち。ビジュアルの高さや圧倒的なパフォーマンスで人気を誇っています。

TREASURE

8月に1stシングル「THE FIRST STEP:CHAPTER ONE」でデビュー。

サバイバルオーディション番組「YG宝⽯箱」でデビューし、その年の新⼈賞を総なめにしたグローバルボーイズグループです。

aespa

11月に1stシングル「Black Mamba」でデビュー。

「自分のもう1人の自我であるアバターに出会い、新しい世界を経験する」という世界観をベースにしており、他のグループにはない独創的なコンセプトが注目を集めています。

ENHYPEN

11月にミニアルバム「BORDER:DAY ONE」でデビュー。

サバイバルオーディション番組「I-LAND」から誕生し、ビジュアルの高さと優れた実力を兼ね備えた多国籍ボーイズグループです。

2021年デビュー

IVE

12月に1stシングル「ELEVEN」でデビュー。

メンバーには元 IZ*ONE だったメンバーや、 日本人メンバーも在籍しており、異次元のビジュアル・スタイル・実力で人気を誇っています。

2022年デビュー

Kep1er

1月にミニ・アルバム「FIRST IMPACT」でデビュー。

オーディション番組「Girls Planet 999:少女祭典」から誕生し、タイトル曲「WA DA DA」が世界的ヒットとなった大人気ガールズグループです。

NMIXX

2月に1stシングル「AD MARE」でデビュー。

JYPエンターテイメントが、ITZY以来3年ぶりにガールズグループを作ったということで話題になり、メンバー全員が歌もダンスもハイレベルであるとして人気を誇っています。

LE SSERAFIM

5月に1stミニアルバム「FEARLESS」でデビュー。

元IZ*ONEメンバーが2人在籍しており、紅白歌合戦に2年連続出場するなど、人気沸騰中のガールズグループです。

New Jeans

7月に「Attention」のミュージックビデオをリリースしデビュー。

抜群のビジュアルとパフォーマンスでデビュー当時から絶大な人気を誇り、また彼女たちが着こなすY2Kファッションは「新鮮で可愛い」と若い世代を中心に話題となっています。

2023年デビュー

RIIZE

9月にシングルアルバム「Get A Guitar」でデビュー。

aespaのデビューから3年ぶり、NCTのデビューから7年ぶりにSMエンターテインメントからデビューしたRIIZE。デビュー前から大きな注目を集めているグループです。

2024年デビュー

TWS

1月22日にミニアルバム「Sparkling Blue」でデビュー。

TWSは「TWENTY FOUR SEVEN WITH US」の略で、24/7、一日24時間、一週間ずっと、つまり「すべての瞬間」を意味する表現で、「いつもTWSと共に」という意味が込められているそうですよ。


いかがでしたか?

この記事を読んで初めて知ったグループがいる方も、すでに推しがいる方も、ぜひ今後のK-POPアイドルに注目してくださいね!

編集部おすすめ記事

#TAG
#K-POPアイドル
#韓国
#韓国トレンド
CATEGORY

記事カテゴリ

OFFICIAL SNS

Ray 公式SNS