Ray

第30回:巷にはびこる恋愛ハウツーにブスはだまされるな

  • X
  • Facebook
  • Line
第30回:巷にはびこる恋愛ハウツーにブスはだまされるな
こんにちは。「酔ったらいけるちょうどいいブス」こと、相席スタートの山﨑ケイです。

前回、ボディタッチについてのお話をしましたが、こういうベタな恋愛テクニックは効果てきめんではあるものの、ちょうどいいブス的にはその扱いは慎重になったほうがいいと私は思っているんです。

ベタな恋愛テクニックは美人だけの特権!?

私の知り合いのけっこうなブス(笑)が、男性のゆるんだネクタイを見て、さっとネクタイを直す、という場面に遭遇したことがあったんです。 

まず私ならこう考えちゃうんです。「ブスにネクタイ直してもらうなんて男性はきっと迷惑だろうな」って。

たぶんそのブスな知り合いは、きっと自分がブスという自覚がないからこそできた行動だと思うんですよ。だってそんなことして許されるのは美人だけですもん。やはりブスはブスなりの自覚をもって、そのうえで人にいかに愛されるのかを考えるべきだと私は思いますね。

小悪魔的行動、ブスがやればただの〇〇になっちゃう?

ネクタイ直しは違いますけど、男性の体を触ったりひざの上に乗っちゃったりとか、そういうのって恋愛テクニックうんぬんの前に、失礼な行動だったりするじゃないですか。

よく恋愛テクニックが長け、男性を翻弄する女性を「小悪魔」なんて表現してほめたたえたりする傾向にありますけど、みなさんあれは美人だからですよ。

ブスで小悪魔的言動をしてたら、単なる性格の悪い非常識なブスですから。

世の中に蔓延している恋愛ハウツーのほとんどは、美人、いや正確にいうと自分に自信のない美人に向けたものなんです。

たとえばメールの返信はこちらからはしないほうが焦らせるとか、割り勘じゃなく男におごらせたほうが向こうの気持ちを盛り上げられるとか、そういうのって美人じゃないと効かないんです。

ブスがやったら単なる非常識です。

だから私はメールはきちんと返信しますし、割り勘で文句言うとか考えられません。

小悪魔だなんだともてはやされるのは美人だからであって、私含めブスのみなさんはそんな情報には決して踊らされないでくださいね。

モテうんぬんの前に人として常識的であれ!

ボディタッチにせよ、出会ったばかりの男性を急に「ケンちゃん❤」とかあだ名で呼んじゃったりにせよ、徐々に仲良くなってからやるのならともかく、いきなりそんな感じで男女の仲を詰めようとするのって、男性からしたら「おっ、この子は俺のこと好きなのかも」と思わせる効果があり、恋愛的にはありな行動かもしれません。

でも社会人としてはナシだと思いません(笑)?

やはり人として非常識な行動は封印すべきだと思います。特にブスという自覚があればなお。

まず人として恥ずかしくない常識的な人付き合いをベースにして、その先にようやくブスなりのテクニックを身に着けて行かなきゃいけないんですよ。

そもそもそういう安い恋愛ハウツーテクに引っ掛かる男って魅力的じゃないですよね?

ボディタッチされてデレデレしてる男を素敵だと思いますか?

そう、そういう恋愛ハウツーで引っ掛かる男はちょうどいいブスは相手にしてはいけません。

だからこそ、自分たちも恋愛ハウツーには踊らされないようにしなきゃいけないんです。

この連載でご紹介してきた恋愛ハウツーにはない、ちょうどいいブスならではのテクニックをどうか磨いていってほしいです。次回もちょうどいいブスなりの考察を続けていきたいと思います。

連載を読む方はこちら↓

山﨑ケイさん 
profile 
NSC東京校 13期生、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。
相方の山添寛さんとコンビ「相席スタート」を結成し、男女のちょっぴりエロい日常をネタにしたコントや漫才で人気を博す。
ツイッター https://twitter.com/kbbyky

編集部おすすめ記事

山﨑ケイのちょうどいいブスのすすめ
CATEGORY

記事カテゴリ

OFFICIAL SNS

Ray 公式SNS