Ray

【札幌コレクション】モデルたちのRayステージの舞台裏をのぞいてみた

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【札幌コレクション】モデルたちのRayステージの舞台裏をのぞいてみた
「Kuu Presents 札幌コレクション 2022 AUTUMN/WINTER」が10月29日に北海道県立総合体育センター(愛称:北海きたえーる)で行われました。今回は、のべ4,000人もの観客が来場し、今をときめくアーティストやクリエイターが大集結する中、Rayステージも実施されたんです。普段なかなか見られない専属モデルたちのステージの裏側を密着取材。

Scene1 控室でヘア&メイク、スタート!

今回、Rayステージに登場するのは、鈴木愛理、吉田朱里、加藤ナナ、上西星来、村瀬紗英、新澤菜央、岡崎紗絵(登場順)の7人。Rayの控室にはメイクブースを3つも用意して、次から次へとヘア&メイクを仕上げていくよ。

  • 紗絵は他のステージもあったので、急いでチェンジ。

  • 衣装に合わせて、ヘア&メイクさんが準備。加藤ちゃんはもう慣れているよね?

  • 初めての参加でちょっと緊張ぎみのしんしん。

Scene2 ステージ前にみんなで記念撮影

オフィシャルの写真撮影が終了すると、普段の素顔に戻っちゃう。モデル同士で撮影したり、おしゃべりしたりとにぎやかなことといったら!普段の撮影でもこんな人数のRayモデルがそろう機会が少ないから貴重な時間なんだって。

  • オフィシャルの写真とはうって変わって、Rayweb撮影では素顔がわかるよ。

  • モデル同士で撮影も盛んに行われていたよ。仲良しの愛理と紗絵。

  • 直前までヘア&メイクさんがチェックしてくれるんだよ。

Scene3 ステージ前でもリラックスした雰囲気

ステージまじかの時間になっても、舞台裏で待っているモデルたちはにこやか。これからランウェイを歩くなんてことを感じさせない、ゆったりとした雰囲気だったんだよ。

  • 加藤ちゃんとあかりんは余裕!

  • 緊張気味のしんしんとさえぴぃ。

  • カメラにも余裕の笑顔の愛理、星来、紗絵。

Scene4 いよいよステージ!大勢の観客が待っているよ

さあ、ランウェイのスタート。モデルの顔になって舞台に登場していきます。スポットライトが当たるランウェイはまさに晴れ舞台。ファンが見守る中、ちゃんと歩けるかな?頑張って!

  • 舞台袖で出番待ち。名前が呼ばれたら、順番に舞台へあがります。

  • 愛理からスタート。いよいよだあ。

  • 次々と舞台への順番が近づいてきてる!

Scene5 さあ、舞台へ!声援が届きます

光の中へ吸い込まれるよいうに、次々とモデルたちがステージ上に。どんなキャットウォークを見せてくれるのかしら?

  • 星来がステージへ。

  • 直前まで余裕の紗絵。

  • 紗絵もステージに向かいます。

Scene6 お疲れさまでした!ステージ終了の笑顔をキャッチ

緊張していないって言っていても、やっぱり緊張はあったみたい。ステージが終了してからの顔は満面の笑みでした。本当にお疲れさまです。ステージの感想を聞いてきました。

鈴木愛理

札コレに来るたびに、ステージが大きくなっているからすごいですよね。ボードやうちわ、光る棒(笑)がよく見えて、うれしかった♡

吉田朱里

Rayのモデルファンもたくさん来てくださったみたいで、盛り上がって本当によかった♡ 札幌ではおいしいアイスクリームを堪能。ちょっと罪悪感…。

加藤ナナ

コロナの影響で、無観客で行っていたときもあったので、今回みたいにたくさんのお客さんがいるとうれしい♡ 声が出せなくても、応援が伝わってきました。

上西星来

Rayモデルと一緒に出られるから安心していたんですよね。でもやっぱり少し緊張していたみたい。お客さんの顔がよく見えたので、ホッとしました。

村瀬紗英

お客さんとの距離が意外に近くて、顔がよく見えました、今回着用したこの帽子、もこもこが可愛くて気にいっています。

新澤菜央

めちゃくちゃ緊張しました。まわりを見る余裕なんてなくて、ランウェイを歩いているときは頭がまっ白に。次回はもっと余裕をもちたいな。

岡崎紗絵

規模が今までと違いますよね。お客さんを近くに感じて、心があたたかくなりました。北海道の方たちって本当にあたたかいですよね。

Rayモデル集合!ご来場者の皆様ありがとうございました!

来年もお会いしましょう!

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com