Ray

可愛すぎると話題の5期生♡【井上和】が語る「乃木坂46との出会い」とは?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
可愛すぎると話題の5期生♡【井上和】が語る「乃木坂46との出会い」とは?
え、架空の生き物ですか?ってくらい可愛すぎる乃木坂46のニューフェイス・井上和ちゃん。和とかいて「なぎ」と読むカルチャーをこよなく愛する女のコ。そんな期待の5期生センターに「乃木坂46との出会い」について聞いてきました♡ 圧倒的なビジュをたずさえて、夢へと踏み出したばかりの17才から目が離せない!

ままならない日々の中で、乃木坂46の歌声が心に染みた

乃木坂46というグループを「好き」だと確信したのは、「世界中の隣人よ」のMVを見たとき。コロナ禍でずっと家にいて、友達にも会えない毎日が続いていて、私の中にも無意識だけどストレスがあったんだと思います。この曲を聴いて、すごく心に染みたんです。

オーディションを受けようと思ったきっかけはいくつかあって、その中で大きかったのは「僕は僕を好きになる」のMVの聖地巡り的なことをしたこと。

たまたまロケ地が見慣れた場所だとわかったときに、今まで手の届かないところにいると思っていた乃木坂46という存在が急に現実味を帯びてきて。

ただ単にファンとして好きという気持ちから、「グループに入れたらきっと楽しいだろうな」みたいな気持ちが芽生えたんです。

秋元(真夏)さんがSNSでオーディション当時の思い出話を綴っていたのを読み、「あ、この人たちもオーディションを受けて乃木坂46になったんだよね」と当たり前の事実に気づかされて、そこで応募しようと決めました。

ただ、ゆらゆら気持ちが揺らいでいて、必要事項を書き込み終わっても、応募ボタンをクリックできないままで。

4期生の賀喜遥香さんが配信映像の中で、「応募する前に、“こうなったらどうしよう”と悩んだり、不安になることもあるだろうけど、まずは考えずに応募してみよう」と言っていて。「そっか、考えるのは応募してからでいいか」と、賀喜さんの言葉に背中を押されて、応募ボタンを押しました。

審査で覚えているのは、自己PRのときに、特技として描いた絵を持参したんですが、今まで勉強し続けてきたデッサンを見せればいいのに、なぜか使い慣れてない水彩絵の具で描いた自画像を見せてしまったんですよね。びっくりするぐらいへたくそで全然似てないんです。今でも、「なんであんなことしたんだろう!」って(笑)。

いろんな質問もされて、印象に残っているのは、「最近、美術女子が増えてきたけど、なんでだと思う?」など。なんて答えるのが正解なのかわからなくて、すごくあせっちゃいました。

グループに加入したと実感できたのは「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」。ステージに立てたことももちろんなんですが、わからないことがあって、キャプテンの秋元さんや副キャプテンの梅澤(美波)さんにいろいろ教えていただいた時間のほうがより実感が強かったです。

5期生というくくりではなくて、一対一で先輩が私に話してくださったときに、メンバーの一員になれたんだなと感動しました。今までずっと、先輩たちは画面越しに見てきた方たちなので、その感覚が少しずつですが薄れてきています。

スタートをきったばかりですが、自分の心の中で決めていることは、“ひとつひとつ丁寧に。慣れないように”。

私の性格は、慣れてくると雑になりがちだし、気まぐれな部分もあるんです。だから、オーディションに受かったときに味わったあのドキドキ感、初心を忘れないように。忙しくなったとしても、ちゃんと心を伴いながら活動したいですね。

それに経験上、すっごいテンパると必ず失敗するタイプなので(笑)、深呼吸も忘れずに。これから夏にはツアーが始まります。ライブのパフォーマンスにも力を入れていきたいし、先輩たちから学べるすべてを吸収して、ライブを重ねるたびに進化していけたら。その姿を見守っていただけるとうれしいです。

ドットブラウス 4,620円、スカート 5,500円、サンダル 5,940円/以上マジェスティックレゴン イヤリング 1,760円/Grandedge渋谷109店

Profile

いのうえ・なぎ/2005年2月17日生まれ、神奈川県出身。B型。

2022年、乃木坂46 5期生としてデビュー。特技のデッサンは、驚異の画力。パフォーマンスでは、のびのある力強い歌声にご注目。

撮影/田形千紘 スタイリング/中村加奈子 ヘア&メイク/NAYA 取材・文/長嶺葉月

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com