Ray

夜の営みが盛り上がる…彼とセックスで気持ち良くなる方法5つ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
夜の営みが盛り上がる…彼とセックスで気持ち良くなる方法5つ
カラダの相性が良いカップルの特徴には、セックスをしなくてもわかるもの・したからこそわかるものがあります。どちらも知っておくことで、彼との相性を確認する上で役立つはずです。
目次
  1. 習慣的にカラダを動かし柔軟性をあげる
  2. セックスの前に一緒にお風呂に入る
  3. お互いの好みやしてほしいことを伝える
  4. セックス後に感想を言い合う
  5. セックスする日を増やす

今回は彼ともっと気持ち良くなる方法をご紹介。これらを実践すれば、彼とより良いセックスができるようになるでしょう。実践しやすいことから試してみてください。

習慣的にカラダを動かし柔軟性をあげる

セックスをより気持ち良くするためには、カラダを動かすことを習慣化し、柔軟性を上げることをおすすめします。セックスにおいてカラダの柔軟性はとても大事なポイントです。

カラダが柔らかいとさまざまな体位ができますし、セックス中に体勢がきついなんてことも少なくなるもの。体位のバリエーションも増えるので、お互いがより気持ち良くなれる体位が見つかるかもしれませんね。

柔軟性を高めると、相手とのフィット感も増します。セックスの相性が良くなったと感じやすくなりますよ♡

セックスの前に一緒にお風呂に入る

より気持ち良いセックスをするなら、一緒にお風呂に入ることもおすすめです。セックスする前に湯船に浸かることで、リラックスしやすくなります。

心身ともにリラックスすることで、カラダの緊張もほぐれ、セックスで快感を得やすくなるでしょう。

一緒にお風呂に入るとカラダの洗い合いなど、スキンシップも楽しめますよ。

お互いの好みやしてほしいことを伝える

より気持ち良いセックスをするためには、お互いの好みやしてほしいことを伝えるのも大切です。お互いを理解すれば、相手に歩み寄ったセックスがしやすくなります。

「してほしいことを言うのは恥ずかしい……」と思う人がいるかもしれません。しかし、男子は女子の気持ちを察するのが苦手な傾向があります。きちんと伝えないと、気づいてくれないことがあるよう。

一歩踏み出してお互いの好みを話すことで、より良いセックスができるはずですよ。

セックス後に感想を言い合う

より良いセックスをするには、お互いに感想を言い合うことも大切です。良い点・イマイチな点を共有すれば、次セックスするときに、活かせるようになります。

しかし、かしこまった雰囲気で感想を言い合うと、せっかくのラブラブモードが台無しになることも。そんなときは、ベッドで寝ながら、気楽な雰囲気で「○○してくれるの好き♡」「○○が気持ち良かった」などと伝えると、ラブラブな雰囲気を保てるでしょう。

もし嫌だったプレイがあった場合は、相手を傷つけないように伝えてください。「ここが嫌だった!」ではなく、「もう少し○○してほしい」などと、優しく伝えるといいですよ。

セックスする日を増やす

彼ともっと気持ち良くなるためには、セックスをする日を増やしてみましょう。セックスの回数を増やすと、自分のナカも彼の形に合うように変化し、感じやすくなる傾向があります。また、彼の好きなプレイや気持ち良いポイントも、自然とわかるようになるでしょう。

セックスする日を増やすことで、お互いのカラダも心もしっかりと結びつきやすくなります。気持ち良いセックスには、回数を重ねることが大切です。

セックスの相性を良くするには、お互いの歩み寄りが何より大切。ふたりで工夫すれば、もっと気持ち良いセックスができるようになります。ぜひこの記事を参考に、彼ともっと気持ちが良いセックスを楽しんでみてくださいね♡

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com