Ray

【判官贔屓】はなんて読む?偉人から生まれた言葉

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【判官贔屓】はなんて読む?偉人から生まれた言葉
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「判官贔屓」はなんて読む?

後半部分の「贔屓」については、意味や読み方を知っている方もいるのではないでしょうか。

でも、前半の「判官」は、現代では耳慣れない言葉ですよね。

いったい、なんと読むのかわかりますか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、「ほうがんびいき」でした!

判官贔屓は、「はんがんびいき」と読む場合も。意味はどちらも一緒で、弱い者や敗者に同情して応援したり、応援する気持ちを持つことをいいます。

実はこの言葉の由来は、悲運の武士として知られる源義経(みなもとのよしつね)にあるのです。

義経は、源氏と平氏の戦いで大活躍。その見事な軍功から、朝廷より「判官(ほうがん)」と呼ばれる役職に任命されます。

しかし、やがて義経は兄・源頼朝と不仲になり圧力を受け、若くして死に追い込まれてしまいました。

義経伝説を知る後世の人々は、義経に同情、応援したくなる気持ちのことを「判官贔屓」と呼ぶようになります。それが転じて、広く弱者や敗者を応援する気持ちとして使われるようになったのです。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com