Ray

【気づいてあげて!】彼氏が寂しいときに出すサイン3つ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【気づいてあげて!】彼氏が寂しいときに出すサイン3つ

彼氏は、寂しいと思っているとき彼女に向けてサインを出しています。しかし、彼氏のサインに気づいていない人がほとんど。
目次
  1. ボディタッチが多くなる
  2. 特に用事がないのにLINEが来る
  3. 愚痴や弱音が多くなる

今回は彼氏が寂しいときに出すサインを3つご紹介します。彼氏のサインに気づいたら構ってあげてくださいね。

ボディタッチが多くなる

男性は寂しいときにボディタッチが多くなる傾向にあります。彼女に「構ってほしい」と、彼女の気を引くために自然とボディタッチが多くなるのです。

男性は女性に比べて気持ちを言葉にするのが苦手。そのため、「寂しい」「構ってほしい」という言葉の代わりに、ボディタッチとして気持ちが現れてきます。

腕を絡めてきたりハグしてきたり「あれ?いつもより距離が近いな」と思ったりしたら、彼は寂しいと感じているかもしれません。そんなときは、甘えさせてくださいね。

特に用事がないのにLINEが来る

用事がないのにLINEを送るのも、男性が寂しいと思っているサインです。分かりやすく「会いたい」「寂しい」と送ってくる男性もいますが、男性は「なにしてるの?」など当たり障りのないLINEを送るのがほとんど。

「会いたい」「寂しい」と送るのは女々しいと、彼女に思われたくないからかもしれません。普段、用事があるときしかLINEをしてこない彼ならなおさらです。そんなときは、優しく話を聞いてあげましょう。

また、用事もないのに電話してくるのも男性が寂しいと思っているサインです。「用事がないなら掛けてこないでよ」と思わず、話を聞いてあげてくださいね。

愚痴や弱音が多くなる

男性は寂しいときに彼女に愚痴や弱音を吐く傾向にあります。

男性は普段、彼女に弱い所を見せないように、愚痴や弱音を吐かないことが多いです。「疲れた」「大変だった」と彼女に漏らすのは、癒してほしい心の現れ。

「そんなこと言っちゃダメだよ」「しっかりしてよ」というのはNG。彼氏は、彼女に「辛い気持ちや構ってほしい気持ちを理解してもらえなかった」とショックを受けてしまいます。

これがきっかけで2人の心の距離が空いてしまう可能性もあるため気を付けましょう。

ここまで、彼氏が寂しいときに出すサインをご紹介しました。大事なのは彼氏が出しているサインを見逃さないことです。いつもと違うなと思ったら彼氏の気持ちを汲み取りましょう。彼氏の寂しさに気づいてあげられれば、2人の関係はより良好なものになりますよ。

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com