Ray

「なぜ?」付き合ったら彼が全然「好き」と言ってくれない理由

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「なぜ?」付き合ったら彼が全然「好き」と言ってくれない理由
付き合ったらお互い「好き!」と愛情表現したいですよね。しかし、彼から全然「好き」という言葉を聞かなくなったという人も多いのではないでしょうか?
目次
  1. 単純に恥ずかしいから
  2. 「言わなくても分かるだろう」と思っているから
  3. チャラいと思われたくないから

付き合う前はアプローチがすごかった彼も、付き合ったら全然「好き」と言ってくれないということもあります。そこで今回は、付き合ったら彼が「好き」と言わなくなったのか、理由をご紹介します。

単純に恥ずかしいから

単純に恥ずかしくて「好き」で言えないというシャイボーイのパターンが多いです。そのため、「好き」と思っていても恥ずかしさが勝ち、口に出すことは少なくなってしまうのでしょう。

恥ずかしくて「好き」と言えない彼に、「好きって言ってよ!」と迫ってしまうといいって!!!と不機嫌になってしまうことも。恥ずかしがり屋の彼を理解して、言葉以外の愛情表現を見つけましょう。

口に出すのが恥ずかしいと感じる彼でも、LINEなら「好き」と伝えてくれるかもしれません。LINEなら愛情表現してくれる場合、まずは自分から愛情表現をしてみましょう。「今日もありがとうね」「〇〇してくれるところ好きだよ」など感謝や愛を送ってみてくださいね。

「言わなくても分かるだろう」と思っているから

「付き合っている=好き」と考える男性も多くいます。そのため、「言わなくてもわかる」と考えて、わざわざ「好き」と言わなくなる傾向があるのです。

一緒にいるんだから、好きに決まっているという言い分もわかりますが、やはり直接「好き」という言葉を聞きたいですよね。「言わなくてもわかる」と考えている男性には、「ちゃんと好きって言ってほしい」ということを伝えましょう。

チャラいと思われたくないから

男性は普段から「好き」と言っていると、「好き」という言葉に重みを感じなくなる傾向があります。誰にでもすぐに「好き」と言うチャラい男と思われたくないのも、「好き」と言わなくなる要因でしょう。

こういった男性は誕生日や記念日など、ここぞという時に「好き」という言葉を使うことが多いでしょう大事な場面で「好き」と言葉にしてくれる男性なら安心して大丈夫ですよ。

特別な日でも「好き」と言葉にしてくれないのであれば、「ちゃんと好きと言ってほしい」と伝えた方がお互いモヤモヤせずに過ごせるかも。上手く彼とコミュニケーションを取ってくださいね。

今付き合っている彼がどうして「好き」と言わなくなったのか、わかりましたか?男性は女性に比べて、愛を言葉で表現するのが上手ではない傾向があります。「好き」という言葉だけにこだわるのではなく、日常の仕草や行動でも愛情を感じてくださいね。

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com