Ray

【羊駱駝】はなんて読む?モフモフしたあの可愛い動物です

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【羊駱駝】はなんて読む?モフモフしたあの可愛い動物です
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「羊駱駝」はなんて読む?

「羊」の漢字が使われていますね。毛がモフモフした動物を想像してみてください。

ヒントは、愛くるしい姿が人気のあの動物です!

いったい、「羊駱駝」はなんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

​​​​正解は「アルパカ」でした。

羊と駱駝に分けるとわかりやすくなりますね!

「駱駝」は「ラクダ」と読みます。砂漠や背中のコブから連想される、あのラクダです。

じつは、アルパカはラクダ科に分類されます。アルパカとラクダは、つぶらな瞳がそっくりですよね。

アルパカは主に南米で家畜として育てられ、毛刈りした繊維で衣料品が作られます。

アルパカの繊維は「やわらかい」「軽い」「あたたかい」「蒸れない」とっても優秀な人気の素材なんだとか。

ただ、毛刈り後のアルパカの姿は……思わず笑ってしまうほどキュート。そんな愛くるしい姿を見に、ぜひ動物園に出かけてみてくださいね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com