Ray

気がつけばあなたに夢中♡ 彼に早く返事がほしいと思わせるLINEテク

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
気がつけばあなたに夢中♡ 彼に早く返事がほしいと思わせるLINEテク
LINEを面倒に感じている男性も少なくありません。それでも、彼ともっとLINEがしたいと思っている女性も多いでしょう。
目次
  1. 返信の速度に変化をつける 
  2. すぐに既読をつけても返さない 
  3. 挨拶を習慣化させる

今回は、彼に「早く返事がほしい」と思わせるLINEテクニックをご紹介します。意中の彼とLINEのやりとりをもっとしたい方は、ぜひチェックしてください。

返信の速度に変化をつける 

毎回同じペースで返すのではなく、返事の速度に変化をつけてみましょう。

例えば、いつもは早く返すのに急に返事を遅くしたり、逆にいつも返事が遅いのに急に早く返したりなどですね。

同じペースで返信を続けると、彼に「飽き」を感じさせる可能性があります。彼につまらないと思われてしまうと返事がこなくなってしまうかもしれません。

返事の速度に緩急をつけることで、彼の「どうしたんだろう」という気持ちを引き出しやすくなります。

「いつもすぐに返事が来るのに、どうしたんだろう」「いつも遅いのに、今日は早く返事をくれた」と、男性の期待感も高まって、すぐに返事をくれるかもしれませんよ。

すぐに既読をつけても返さない 

すぐに既読をつけても返さないようにすると、相手にはやく返事がほしいと思わせることができます。

なかには彼からのメッセージが嬉しくて、すぐに既読をつけて返事をする人がいるかもしれません。

しかし、毎回すぐに既読をつけて返事をすると、「返事がすぐに来る人」と思われる可能性があります。

逆に、既読をつけても返事をしないと、男性は「なにか変なメッセージを送ってしまったかな」「既読がついているのに返事が来ない……」と感じるのです。

次第に頭のなかはあなたいっぱいになるはず。「早く返事がほしい」という気持ちを引き出せるでしょう。

挨拶を習慣化させる

「おはよう」や「おやすみ」を習慣化させるのも効果があります。

あいさつはコミュニケーションの基本です。

あいさつを習慣化させることで、自然と毎日連絡を取り合うようになります。

そのなかで、あいさつがない日があれば、彼は「どうしたんだろう」「なにかしてしまったかな」と気になるでしょう。

次第に、「返事が早くほしいな」という気持ちを引き出せるかもしれません。彼に「返事がほしい」と思わせるためには、相手を飽きさせないことが大切なポイントです。

返事のタイミングをバラバラにしたり、いきなり返事のスピードを変えたりなどしてアクセントを加えてみてください。

あなたのLINEに翻弄されて、きっと男性も「早く返事がほしい」と思ってくれるでしょう。

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com