Ray

【パターン別復縁方法】復縁の成功率を上げる冷却期間の目安

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【パターン別復縁方法】復縁の成功率を上げる冷却期間の目安

復縁とはいっても、色々な原因がありますよね。今回は、その中でも定番の3つをご紹介!当てはまる方はこの記事を参考に冷却期間を考えてみてくださいね。

振られた場合:3か月以上

彼から振られた場合は3か月以上の冷却期間を設けましょう。場合によっては半年から1年以上の期間が必要になることもあります。

振られたばかりの時、あなたは「なんとか繋がっていたい……」と元彼に連絡したくなることがあるかもしれません。しかし、元彼はあなたと「今は関わりたくない」と感じている可能性が高いです。

元彼の気持ちを尊重し、追いかけるのはやめましょう。

振った場合:2週間~1ヶ月

自分から彼を振った場合の冷却期間は2週間~1か月程度とされています。元彼がまだあなたのことを好きだったり、お互いに嫌いで別れたわけなかったりすれば、比較的復縁しやすいかもしれません。

ただし、冷却期間があまりに短すぎると元彼はあなたに振りまわされているという悪い印象を抱く可能性があります。反対に、長すぎると元彼が気持ちの整理を始めてしまい、冷めてしまう恐れがあります。

もし元彼に未練が残っていそうなら、早めに連絡をとって素直に謝りましょう。受け入れてもらえない場合は1~3か月の冷却期間を取り、再度アプローチするとよいでしょう。

ケンカが原因の場合:1~2週間or半年以上

ケンカで別れた場合の冷却期間は、どんなケンカで別れたかによって大きく変わってきます。

些細なことが原因でとっさに別れてしまったのなら、1~2週間程度。長い冷却期間は必要ありませんが、別れた直後は感情的になっているので、多少の時間を置きましょう。

一方、大きなケンカで別れた場合は半年以上の冷却期間が必要となることもあります。

いずれにしても、ケンカ別れから復縁を目指すためには ケンカの原因を明らかにして問題を解決しておく必要があるでしょう。

今回は、パターン別の復縁の成功率を上げる冷却期間をご紹介しました。あまり時間を置き過ぎてしまうと、気持ちが戻らないことも。むしろ、早過ぎてもいけません。彼の気持ちを考えながら、行動することが大切なので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com