Ray

【蒲】はなんて読む?水辺に生えている植物の名前です

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【蒲】はなんて読む?水辺に生えている植物の名前です
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「蒲」はなんて読む?

地名や植物の名前でよく見かける「蒲」という漢字。

「蒲」は訓読みで、なんと読むのでしょうか。

ヒントは、昔話にも出てくる、細長い水辺の植物です。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、「がま」でした。

「がま」は池や沼のほとりで、高さ1〜2mまで育ちます。

夏になると細長い軸にたくさんの花をつけ、黄色い花粉がとれるそうです。

「がま」の花粉は漢方薬として、止血などに使われるのだとか。

昔話『因幡の白兎』で、白兎が怪我を治すために使った植物が「がま」です。

大昔から、人々の身近な植物だったのですね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com