Ray

好きを伝えたのに脈なし?告白したあとの反応別の対応方法

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
好きを伝えたのに脈なし?告白したあとの反応別の対応方法
CONTENTS
  1. 好きだと伝えても返事が曖昧だった場合
  2. 付き合ってほしいと伝えても曖昧な返事だった場合
  3. 告白を受けた相手のリアクションが嫌そうだった場合

好意を伝えたのに、脈なしかも……という経験をした人は少なくないはず。今回は、好きと伝えたのに脈なしかもしれない場合の、その後の反応別の対処方法を3つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

好きだと伝えても返事が曖昧だった場合

好きだと伝えたにも関わらず、相手の反応が微妙なこともあります。その場合は相手の反応に合わせて、対応を変えていきましょう。

相手の答えを聞いてもいないのに、ネガティブになり、相手を避けてしまうことはNG。

どう接すればいいのかわからなくなってしまうとは思いますが、避けてしまっては伝えた意味がありません。相手を思いやりつつも、逃げずに向き合ってくださいね。

付き合ってほしいと伝えても曖昧な返事だった場合

相手はまだ迷っている可能性があります。この場合はまだチャンスがあるので、告白前と変わらず接しながら、好感度を上げる努力をしましょう。

相手がなかなか返事をしてこなかったり、触れてこなかったりした場合は、あなたの気持ちが変わっていなければ、もう一度気持ちを伝えてみるのも◎。

曖昧な返事でも、気を落とさずにポジティブに行動してくださいね。

告白を受けた相手のリアクションが嫌そうだった場合

残念ながら脈なしの可能性が高いと考えられます。脈なしの場合は態度が素っ気なくなったり、社交辞令のようになったりするので、わかりやすいでしょう。

しかし脈なしだった場合も、すぐに次の恋へと進むことができます。そのため、想いを伝えたことは無駄ではありません。勇気をだして告白したことは素晴らしいので、気にせず新しい恋を探しましょう♡

注意点として、たとえ告白の返事がもらえない場合でも、しつこくつきまとうのはNG。しつこくされると相手の負担になり、余計にあなたと距離を置きたくなります。

今回は、好きを伝えたのに脈なしかもしれない場合の、反応別の対処方法をご紹介しました。相手がどんな対応であっても、冷静に恋愛を進めるのが大事です。今回ご紹介したアドバイスをもとに、後悔のない恋をしてくださいね。

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com