Ray

女子校あるある恋愛編!共学との違いは?カトリック系や先生についての面白いエピソードもご紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
女子校あるある恋愛編!共学との違いは?カトリック系や先生についての面白いエピソードもご紹介
女子校の恋愛あるあるは、若い男性教師を好きになったり、少女漫画のような恋に憧れたりなどが挙げられます。今回は、モテる女子校育ちの特徴や、女子高出身者に対するアプローチ方法を詳しく解説。女子校ならではのおもしろエピソードもご紹介します!
CONTENTS
  1. 女子校出身者かどうかわかる?見分けるための特徴5つ
  2. 女子校の恋愛あるあるまとめ
  3. モテる女子校育ちとモテない女子校育ちの違いは「品があるかどうか」
  4. 女子校育ちの女子を落とす方法3つ
  5. 共学と大違い!女子校ならではの面白いエピソード3選
  6. 元女子校のよさを活かして素敵な恋愛をしよう♡

女子校出身者かどうかわかる?見分けるための特徴5つ

女子高出身者かどうかは、その女性の性格や雰囲気などからわかることがあります。見分けるための特徴は以下の5つです。

  1. お嬢様っぽい
  2. ぶりっ子よりもサバサバ系
  3. 男ウケより女ウケを大切にする
  4. リアクションが大きくなりがち
  5. 下ネタに抵抗がない

それぞれ詳しくご紹介します。

1.お嬢様っぽい

女子校出身の女性は、お嬢様っぽい雰囲気であることが多いと言われています。女子校は私立が多く、お金に余裕のある家庭の子が通いがちな傾向にあるためです。

中高一貫校の場合は特に、お嬢様っぽい人が多いかもしれません。

2.ぶりっ子よりもサバサバ系

女子校出身の女性は、ぶりっ子よりもサバサバした性格をしている人が多いと言われています。周りに男性がいない環境であり、男性ウケを意識する必要が少ない傾向にあるためです。

また、女性ばかりの社会では、ハッキリと意見を言える女子の方が一目を置かれやすいのかもしれません。

3.男ウケより女ウケを大事にする

女子校出身の女性は、男ウケより女ウケを大事にしている人が多いと言われています。女ウケを意識した方が、学校内で好感を抱かれる傾向があるためです。

男性からモテようと考えすぎず、気取らないヘアスタイルやファッションの着こなしを意識していることが多いかもしれません。

4.リアクションが大きくなりがち

女子校出身の女性は、リアクションが大きくなりがちだと言われています。男性の目を気にする必要がなく、思いっきり感情を表現できる傾向があるためです。

笑いながら手を叩いたり、笑い声がつい大きくなったりと、感情表現が豊かな人が多いかもしれません。

5.下ネタに抵抗がない

女子校出身の女性は、下ネタに抵抗がないことが多いと言われています。学校内で、男性の目を気にせずに下ネタを話すことができるためだと言えるでしょう。

中高生と言えば思春期まっさかり。下ネタへの興味も強まる傾向にあります。思春期に下ネタを多く話してきたからこそ、抵抗がなくなったのかもしれません。

女子校の恋愛あるあるまとめ

女子高ならではの恋愛あるあるを5つご紹介します。

  1. 若い男性の先生に好意を抱きがち
  2. 少女漫画のような恋愛に憧れがち
  3. 男性に尽くしがち
  4. ダメ男に引っかかりがち
  5. 友だちの間で恋愛の格差が大きくなりがち

共学で育った方にとっては、とても新鮮なことも多いのではないでしょうか。それぞれ詳しくご紹介します。

1.若い男性の先生に好意を抱きがち

女子校で定番の恋愛あるあるが、若い男性の先生に好意を抱くこと。他に男性がいないからこそ、若い先生が入ってくると興味を持ってしまうのかもしれません。

中には、先生のことを本気で好きになり、卒業後に結婚する人もいるようです。女子高であれば、ドラマの世界のような展開になることがあり得るのかもしれませんね。

2.少女漫画のような恋愛に憧れがち

女子校出身の女性は、少女漫画のような恋愛に憧れがちだと言われています。男性と接する機会が少なく、少女漫画から影響を受けて恋愛観が形成される傾向があるためです。

少女漫画と言えば、キザなセリフやロマンチックな演出が多いもの。お姫様扱いされる恋愛に憧れる女性が、少なくないかもしれません。

3.男性に尽くしがち

女子校出身の女性は、男性に尽くしすぎてしまいがちだと言われています。学生時代に恋愛経験が少なかったため、恋人ができると何でもしてあげたくなるのかもしれません。

男性の要望に応じるのはもちろん、自分ができることを進んで考える傾向があります。恋人に対して、誠実に向き合える人が多いでしょう。

4.ダメ男に引っかかりがち

女子校出身の女性は、ダメ男に引っかかりがちだと言われています。男性と関わる機会が少なく、遊びと本気を見分けるのが苦手なのかもしれません。

また、学生時代に出会いがなかった分、「別れたら恋人ができないかも」と考えてしまう人が少なくないのでしょう。

5.友だちの間で恋愛の格差が大きくなりがち

女子校出身だと、友だちの間で恋愛格差が大きくなりがちだと言われています。恋愛に興味のないグループと、自ら出会いを求めるグループに分かれるためです。

女子校出身だからと言って、必ずしも恋愛に不慣れというわけではないのかもしれません。

モテる女子校育ちとモテない女子校育ちの違いは「品があるかどうか」

女子校育ちでモテるかモテないかの差は、品があるかどうかで決まります。男性は女性に対して少なからず幻想を抱いており、品のある女性を好む傾向があるためです。

しかし、女子校育ちだと、男性の視線を意識せずに過ごしてしまうもの。そのため、恥じらいが薄れてしまうことがあるのです。

足を開いて座ったり、大声で話したりといった習慣が身についてしまっていると、ふとしたときに男性の前でやってしまうかもしれません。すると、「品がない」と思われてしまい、恋愛対象外になってしまう可能性があるのです。

品は、行動や仕草の一つ一つにあらわれるもの。ゆっくりとした動作や、丁寧な言葉遣い、綺麗な姿勢などを心掛けるようにしましょう。

女子校育ちの女子を落とす方法3つ

女子校育ちの女子を落とすためには、以下の3つの方法を実践してみましょう。

  1. ガツガツしすぎない程度に男性がリードする
  2. 男らしさをアピールする
  3. 憧れの場所でのデートに誘う

それぞれ詳しくご紹介します。

1.ガツガツしすぎない程度に男性がリードする

女子校育ちの女性を落とすには、男性がリードすることが大切です。女子校育ちの女性は、男性から距離を縮めてくれる恋愛を、心地良いと感じる傾向にあるためです。

女子校育ちかどうかに関わらず、女性は愛されたいという感情が強いもの。積極的なアプローチを愛だと感じてもらえたら、恋愛が進展しやすいのかもしれません。

ただし、あまりガツガツとしすぎていると「怖い」と思われてしまう可能性があるため、優しさと気遣いを意識しましょう。

2.男らしさをアピールする

女子校育ちの女性を落とすためには、男らしさをアピールするのが効果的です。女性が多い環境で過ごしてきたため、男性への興味が強い傾向があるためです。

ただ優しいだけの控えめな男性だと、いい人止まりで終わってしまう可能性があります。優しさにプラスして、頼りがいのある行動や態度を見せられるよう、意識してみてください。

3.憧れの場所でのデートに誘う

女子校育ちの女性を落とすためには、憧れの場所でのデートに誘いましょう。恋愛経験が少ないゆえに、ドラマのようなデートコースに憧れを抱いていることが少なくないためです。

おすすめのデートコースは、遊園地や水族館といったカップルがよく集まる場所や、綺麗な夜景が見えるお店などです。ロマンチックな雰囲気が漂うため、恋愛対象として意識させることができるかもしれません。

共学と大違い!女子校ならではの面白いエピソード3選

最後に、女子高ならではの特色のあるエピソードを3つ厳選してご紹介します!共学の学校で育った方は、「女子高ってこんな感じなんだ!」と想像を膨らませてみてくださいね。

1.生理用品が空中を飛んでいる

なんと、女子校では生理用品が空中を飛ぶことがあるようです。

急に生理が来たとき、「誰かナプキン持ってない?」と聞けば、ポンッと投げてくれるのが女子校あるある。生理に対してオープンになりやすいのは、女子校ならではの魅力かもしれませんね。

2.カトリック系では修道女の先生が授業をしてくれる

カトリック系の女子校では、修道女の先生が授業をしてくれることがあるようです。授業科目は宗教とのことですが、恋愛についても深く学べるようです。

たとえば、どんな男性と付き合うべきか教えてくれたり、先生自身の大変だった恋愛エピソードを聞けたり。共学とは一味違った授業が受けられるのも、女子校ならではですね。

3.靴ひもが第二ボタンの代わり

なんと、とある女子校では、靴ひもが第二ボタンの代わりになっているようです。

驚きなのが、この風習が20年以上前から続いているものだということ。憧れの先輩の靴ひもをもらうのが恒例行事で、もらいに行く際は、告白のようなドキドキ感があるようですよ。

元女子校のよさを活かして素敵な恋愛をしよう♡

女子校出身の女性は、ロマンチックな恋愛を好んだり、男性に尽くしたりする傾向があります。

実際、女子校育ちの女性に対して、好印象を抱く男性も多いもの。元女子校の良さを活かして、ぜひ素敵な恋愛をしてくださいね♡

#TAG
恋愛
RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com