Ray

セックスで射精する瞬間って気持ちいいの?イク感覚の男女による違い

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
セックスで射精する瞬間って気持ちいいの?イク感覚の男女による違い
男性がセックスで射精する瞬間は、前立腺の圧が高まったり、漏れるような感覚があったりして気持ちいいもの。男性は、射精時が快楽のピークだと言われています。今回は、男女のオーガズムの違いや、男性により気持ちいい射精をしてもらうコツをご紹介します。
目次
  1. セックスで射精する瞬間って気持ちいい?射精の感覚
  2. 射精の仕組みと役割
  3. セックスやオナニーでイク感覚の男女による違い4つ
  4. セックスで気持ちいい射精をするために男性が女性に求めること3つ
  5. 男性が快感を得る仕組みを理解して、セックスを楽しもう♡

セックスで射精する瞬間って気持ちいい?射精の感覚

セックスで射精をする瞬間って、どのような感覚になるのか気になりますよね。男性が射精をするときの感覚として、主に以下の2つが挙げられるようです。

  1. 前立腺の圧が高まる感覚
  2. コントロールできなくて漏れる感覚

それぞれ詳しくご紹介します。

1.前立腺の圧が高まる感覚

男性が射精をする際は、前立腺の圧が高まる感覚があると言われています。イキそうになるにつれ、前立腺が圧迫され、精液が上がってくるのを感じます。

圧の高まりを我慢するほど、射精の勢いが増すため、射精した瞬間の気持ちよさも高まる傾向があります。

2.コントロールできなくて漏れる感覚

射精の際には、自身では感覚をコントロールできなくなり、おしっこが漏れるような感覚になる人もいます。頭の中が真っ白になり、下半身の力が抜けるようです。

漏れるような射精の魅力は、自分で刺激を調整しているときには得られない、独特の開放感があること。女性に口でしてもらった際の、コントロールできない絶頂が好きな男性も多いようですよ。

早漏・遅漏など射精でお悩みの方に新提案!トレーニングができるオナホール「メンズトレーニングカップ フィニッシュトレーニング」

メンズトレーニングカップ フィニッシュトレーニング

メンズトレーニングカップ フィニッシュトレーニング1本1,100円(税込)/TENGAヘルスケア

「メンズトレーニングカップ」とは、遅漏だった開発者が「自分と同じように膣内でなかなか射精できない悩みを持つ人に、自宅で悩みを解消してほしい」との思いで作ったアイテムです。

「メンズトレーニングカップ」は、レベル1(ハード)からレベル5(ソフト)までの5種類を展開。

早漏の人は、はじめはレベル1からスタートし、レベル2、3……とレベルを上げることで弱い刺激で射精ができるように訓練します。反対に、遅漏の人は、レベルを少しずつ弱めて自慰をすることで、弱い刺激でも射精できるようになるはず。

セックスの際に、彼女が満足したタイミングでイクことができれば、彼女の幸せそうな笑顔が見れるかも……♪

「メンズトレーニングカップ」は1本1,100円(税込)。ですが、レベルごとに刺激を強めたり弱めたりして段階的に早漏・遅漏を改善していくアイテムなので、おすすめは5本+1本で5,500円(税込)となるお得なセットでの購入です。

セット購入なら1本分が無料になるだけでなく、潤滑ゼリー「モイストケアジェル」のお試しパウチもプレゼント!

▼商品について詳しく知りたい方はこちら!

パートナーへ負担をかけすぎないためにも、ジェルの使用も検討してみてくださいね。

射精の仕組みと役割

射精とは、睾丸(金玉)の中にある精巣で作られた精子が前立腺に運ばれ、精嚢の分泌液と混ざって放出されることを言います。精嚢は前立腺の後ろにある、長さ5cmほどの器官です。

精液と尿は、同じところから出るものだと思う人もいるかもしれません。しかし、射精の際には、内尿道という膀胱に繋がる部分は閉じられています。そのため、精液は、尿と同じく外尿道を通過するものの、厳密には違う経路を通っているのです。

射精の役割は、性行為の回数を増やし、子孫繁栄の機会を増やすためだと言われています。男性にとって射精が気持ちいいのは、性行為に前向きになってもらうためなのでしょう。

また、射精の快感を求めてオナニーを頻繁に行うことで、性機能が発達するとも言われています。実際、定期的な射精によって精子の健康を保てたり、男性ホルモンが活発化したりするというデータがあります。

セックスやオナニーでイク感覚の男女による違い4つ

男性の射精と女性のオーガズムには、以下の4つの違いがあると言われています。

  1. 気持ちいいと感じる時間の長さ
  2. 快感の大きさ
  3. イク回数
  4. 賢者タイムの有無

それぞれ詳しくご紹介します。

1.気持ちいいと感じる時間の長さ

男女では、気持ちいいと感じる時間の長さに差があります。男性よりも女性のほうが、遥かに長く快感を得ることができると言われています。

男性は、射精をする瞬間が快感のピーク。そのため、オーガズムを得られるのは射精するまでの数秒のみです。一方女性は、男性同様イク瞬間に強いオーガズムを感じますが、前戯の段階から徐々に快感が高まっているのです。

2.快感の大きさ

男性には射精があるため、絶頂の時に得られる快感が女性より大きいと考える人が少なくないのではないでしょうか。一方で、女性は、男性の数倍から100倍もの快感を、オーガズムで得られるという話もあります。

しかし、近年の研究では「男女で快感の大きさに差はない」という結果が発表されました。男女で多少感覚が違うかもしれませんが、大差はないと思っておきましょう。

3.イク回数

男女では、イク回数に違いがあります。女性には射精がないため、感度を高めれば何度でもイクことができるのです。

また、女性にはクリトリス・Gスポット・ポルチオなど、オーガズムを得られる性感帯がたくさんあるもの。それゆえ、男性よりも多くイクことができると考えられます。

4.賢者タイムの有無

男女での大きな違いと言えば、賢者タイムの有無でしょう。男性は射精後に性欲が衰える傾向があるのに対し、女性は一度行為を終えても性欲が衰えません。

男性に賢者タイムがある理由は、射精前後にプロラクチンという成長ホルモンが分泌されるから。プロラクチンが増えると性欲がなくなるため、男性は行為を終えると淡白な態度をとってしまいがちなのです。

セックスで気持ちいい射精をするために男性が女性に求めること3つ

男性がセックスで気持ちいい射精をするためには、女性側が気遣ってあげることも大切です。射精の満足度を高めるために、男性が女性にしてほしいことは以下の3つだと言われています。

  1. 征服されている表情をしてほしい
  2. しゃべらずに喘いでいるだけでいい
  3. 射精中も刺激していてほしい

それぞれ詳しくご紹介します。

1.征服されている表情をしてほしい

男性は女性とセックスをする際、征服されている表情をしてほしいと思っています。男性は、視覚的な情報で興奮する傾向にあるからです。

快楽に耐えているような少し苦しげな表情は、まさに男性の征服欲を刺激するもの。恥ずかしいかもしれませんが、セックス中は男性に表情を見せてあげましょう。

征服されている感じを出すには、見つめ合うのではなく少し目線を横に逸らすのがおすすめ。「そこダメ…」のようなセリフも合わせれば、男性の征服欲を強く刺激できるでしょう。

2.しゃべらずに喘いでいるだけでいい

セックス中は、あまりベラベラと喋らないでほしいと思う男性も多いもの。AVなどでは、女優さんがさまざまなセリフを言っていますが、実際にセックス中にAVのようなセリフを言われると、冷めてしまう男性がいるようです。

男性の射精が近づいてきたときは、あまりベラベラと喋らず、小さく喘ぐ程度にしておくのがいいのかもしれません。

3.射精中も刺激していてほしい

男性は、射精中もペニスを刺激してほしいと思っています。射精中も刺激を続けることで精液をすべて出し切ることができ、十分な満足感を得られるからです。

口や手で男性をイカせるときは、射精中もゆっくり優しくペニスを刺激してあげましょう。男性がくすぐったく感じるようになれば、精液を十分出せた合図です。

▼彼がもっと喜ぶ♡「気持ちいい」と言わせる手コキのやり方をチェック!

男性が快感を得る仕組みを理解して、セックスを楽しもう♡

男性が快感を得る仕組みを理解すれば、射精へと導きやすくなるもの。男女のイク感覚の違いにも注意しつつ、ぜひ男性を気持ちよくさせてあげてください。

セックス中に男性が女性に求めることをマスターすれば、彼も今まで以上に興奮するはず。好きな男性と、もっとセックスを楽しんでくださいね♡

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com