Ray

セックス後に体調が悪くなるのはなぜ?吐き気や腹痛になる原因と対処法をご紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
セックス後に体調が悪くなるのはなぜ?吐き気や腹痛になる原因と対処法をご紹介
セックス後に「なんだか体調が悪いな……」と感じたことはありませんか?めまいは吐き気、腹痛など……セックス後にさまざまな症状が出る人がなかにはいるようです。しかし、セックス後に体調が悪くなる症状は、あなた次第で改善できるもの。この記事では、セックス後に体調が悪いと感じる原因と対処法をご紹介します。
CONTENTS
  1. セックスの後に体調が悪くなる人は意外と多い?
  2. 吐き気があるときの原因は3つ
  3. めまいがするのは貧血が原因
  4. 腹痛のときの原因は2つ
  5. 筋肉痛があるときの原因は運動不足
  6. 熱がある場合は性病が原因かも
  7. 性器がかゆい原因は2つ
  8. 男性の場合はオーガニズム症候群が原因かも
  9. 数週間経過しても治らないなら妊娠かも
  10. 体調が悪くなるのを防ぐ4つの方法
  11. セックス後に体調が悪くなるのは回避できる

セックスの後に体調が悪くなる人は意外と多い?

セックス後に体調が悪くなる人は意外と多いもの。

セックス中の普段は行わない身体の動きに慣れず体調を崩すケースがあるのです。症状として、Twitterではこんな意見が見られました。

セックスするとよく眠れるけど体調悪くなる。セックスが向いてない。https://twitter.com/mi8_r/status/28879696991?s=20&t=P1TuH1GtoyDxXRKAP6SUmQ

@mi8_r

なかにはセックス後に体調が悪くなることによって、その後セックスするのが億劫になる人がいるようです。

せっかく好きな人とセックスするなら、前向きな気持ちで楽しみたいですよね。続いてセックス後の体調不良のときに出る症状別に原因をご紹介します。

吐き気があるときの原因は3つ

セックス後に「胃がムカムカする」「気持ちが悪い」と吐き気を感じたり、嘔吐したりする人がいるでしょう。

セックス後に吐き気があるときは、以下の3つが原因として考えられます。

  • 1.下腹部が刺激される
  • 2.脱水症状になっている
  • 3.子宮系の病気の可能性がある

なかには「自分が妊娠しているかも……」と心配になるかもしれません。ですが、悪阻はだいたい妊娠5週〜6週目で起こるもの。セックス後数日で吐き気がする場合は妊娠の可能性は低いでしょう。それぞれ詳しくご紹介します。

1.下腹部が刺激される

セックス後に腹痛の症状が出る場合、男性のペニスによって下腹部が刺激され吐き気がする可能性があります。

膣や子宮は直腸や消化器系の内臓の近くにあるもの。そのため、セックスで激しい動きをすると腸が圧迫されて吐き気を感じるのです。

激しく刺激すると、吐き気だけでなく腹痛が起こったり内部が傷つき出血したりすることも。体調の変化を感じたら、セックスのやり方を見直ましょう。

2.脱水症状になっている

セックス後に吐き気がする場合は、脱水症状の可能性があります。激しい運動で汗をかき、体内の水分が少なくなっているかもしれません。

また、お酒を飲んだ後のセックスは要注意です。アルコールを摂取すると利尿作用が働き、体内の水分がなくなる可能性があるでしょう。

3.子宮系の病気の可能性がある

セックス後に吐き気が数日〜1週間以上続く場合は、以下の病気である可能性があります。

  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 子宮頸管炎
  • 卵管炎

子宮系の病気の場合、セックス後に吐き気だけでなく腹痛などの症状も出るでしょう。数日たっても体調がすぐれない場合は、早急に婦人科を受診してください。

めまいがするのは貧血が原因


セックス後にめまいがするときは、血管の収縮や拡張が原因の可能性があります。激しい行為により脳が酸欠状態となり、貧血を引き起こすことがあるのです。

貧血は飲食や睡眠が十分にとれていないときに、起こることが多いと言われています。なかには脳出血で搬送されるケースもあるので注意しましょう。

腹痛のときの原因は2つ

セックス後にお腹が痛いと感じるのは、腸が刺激されているのが原因でしょう。

腹痛はセックスだけでなく、オナニーをしているときに症状が出ることもあります。セックス後にお腹が痛くなるときは、以下の3つが原因です。

  • 1.性交痛の可能性がある
  • 2.子宮系の病気の可能性がある

1.腸が刺激を受けている

セックス後に腹痛になる場合、腸が刺激されている可能性があります。挿入時にペニスを動かす際に、膣の近くにある腸が刺激を受けるのです。

また、この痛みはオナニーで指やおもちゃを入れたときにも起こることもあるでしょう。

症状がひどいときは、下痢を起こす場合も。痛みが続くようであれば、婦人科で受診するのが得策です。

2.子宮系の病気の可能性がある

セックス後に腹痛になる場合、子宮系の病気である可能性があります。考えられる病気は以下の2つです。

  • 子宮内膜症
  • 卵巣出血

子宮内膜症は腹痛や下痢、腰痛など体に様々な悪影響を与え、不妊症の原因となることがあります。

卵巣出血は、セックスによって卵巣が傷つき、出血することで腹痛を引き起こすもの。出血量が多いとショック状態や貧血を起こす可能性があるでしょう。

お腹に痛みを感じたら、すぐに医療機関での受診のが得策ですよ。

筋肉痛があるときの原因は運動不足

セックス後に筋肉痛になる場合は、運動不足である可能性があります。

セックスは意外にも体力を使うもの。普段使わない筋肉を使ったり、無理な姿勢を保ったりすることで筋肉痛になるのです。

長時間の激しいセックスや、アクロバティックな体位でのセックスは、筋トレと同等の無酸素運動と似た状況になります。日頃から運動不足だと、体が痛くなりやすいでしょう。

熱がある場合は性病が原因かも

セックス後に急な発熱や高熱が続く場合は、クラミジアなどの性病である可能性があります。

クラミジアのほとんどは無症状感染ですが、なかには熱が出る人がいるのです。他の性病でも体温が上がるなどの症状が出るため、体に異変を感じたらすぐに医療機関に行きましょう。

性器がかゆい原因は2つ

性器にかゆみを感じる場合は、以下の2つが原因として挙げられます。心当たりがある方は、チェックしていきましょう。

  • 1.セックス中の摩擦で性器が傷ついた
  • 2.性病のカンジタになっている

1.セックス中の摩擦で性器が傷ついた

性器に痒みがあるときは、ゴムの摩擦が原因であると考えられます。

挿入前に濡れていないと摩擦が起き、痒みが生じることがあるでしょう。

2.性病のカンジタになっている

カンジタは痒みを伴う性病のひとつです。

特に、排尿中の痛みやデリケートゾーンの痛み・不快感を感じる傾向があります。これらの症状が出たら、医療機関で様子を診てもらいましょう。

男性の場合はオーガニズム症候群が原因かも

セックス後に男性が体調が悪くなる場合は、オーガニズム症候群が原因の可能性があります。

オーガニズム症候群は、射精時に精子を出しすぎによって起こるもの。頭痛や眠気、疲れなどの症状が出るでしょう。

なかには「インフルエンザにかかったような症状」と言われるほど、重い場合があります。症状が続くようであれば、医療機関で診てもらうのが良いですよ。

数週間経過しても治らないなら妊娠かも

数週間体調が悪い状態が続く場合は、妊娠している可能性があります。生理がなかなか来ないようであれば、検査をしたほうが良いでしょう。

気をつけるべきことは、風邪だと思って薬を飲まないこと。セックス後の体調不良は、必ず婦人科を受診するようにしてくださいね。

体調が悪くなるのを防ぐ4つの方法

セックスで体調が悪くなるのを防ぐためには、事前にしたり注意したりすることがあります。以下の4つの方法を実践して、セックス後に具合が悪くならないようにしましょう。

  • 1.セックス相手に優しくしてもらう
  • 2.感染症のリスクがある状態でセックスをしない
  • 3.セックスをする前に水分補給をしておく
  • 4.日頃から生活リズムを整えておく

1.セックスする相手に優しくしてもらう

セックスの後に体調が悪くなるのを防ぐには、挿入する際の角度や早さをゆるくしたり、遅くしたりするよう相手に伝えましょう。

セックスを優しくしてもらうだけで体の負担は減らせるもの。自分の感じる場所などを伝えてあげるとより愛が深まり、楽しくなりますよ。

2.感染症のリスクがある状態でセックスをしない

セックスの後に体調が悪くなるのを防ぐには、衛生面に配慮するのが大事です。感染症にならないよう、日頃から以下の項目を心がけましょう。

  • セックスの前後はシャワーを浴びる
  • 爪を切っておく
  • 排便・排尿を済ませておく
  • コンドームは必ず使用する
  • 生理中のセックスを避ける

これらを事前に行っておくだけでも菌の繁殖が防げますよ。

3.セックスする前に水分補給をしておく

セックスの後に体調が悪くなるのを防ぐには、水分補給をしておくのが大事です。セックスは激しい運動のため、汗で体内の水分が奪われます。

特にアルコールを摂取している場合は脱水症状になりやすいので、事前に水分補給をしておきましょう。

また、粘液の分泌が起こりやすくなり、濡れやすい体になるというメリットもありますよ。

4.日頃から生活リズムを整えておく

セックスの後に体調が悪くなるのを防ぐには、日頃から生活リズムを整えておく必要があります。

仕事のストレス・食生活・寝不足などは、セックス後に体調が悪くなる原因になりやすいのです。生活リズムが整っていないと、自律神経が乱れて体調を崩しやすくなるもの。

生活習慣の乱れによって体調が悪くなるのは、女性だけでなく男性にも多い症状です。日頃から生活リズムを整えておくことが大切ですよ。

セックス後に体調が悪くなるのは回避できる

セックス後に体調が悪くなるのは、事前に準備をしておくことやセックスの仕方によって改善できるもの。

体調が悪い状態が続くときや不安なときは、医療機関での受診をおすすめします。体調を万全に整えてセックスに臨みましょう。

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com