Ray

【稀有】はなんて読む?「きう」ではありません!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【稀有】はなんて読む?「きう」ではありません!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「稀有」はなんて読む?

稀(まれ)や有る(ある)など、それぞれの漢字の読み方はご存知の方が多いのではないでしょうか。

しかし、2つあわせて「稀有」はなんて読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「けう」でした!

意味は、めったにないこと、とても珍しいこと、不思議なこと、とんでもないことなどです。「けぶ」「きゆう」という読み方をする場合もあります。

例えば、稀有な出来事に腰を抜かした、若い頃から稀有な才能を持っていた映画監督、などと使うんだとか。

また、同じ意味と読み方をする漢字に「希有」もあるのであわせて覚えておきましょう!

ぜひこの機会に「稀有」を使ってみてくださいね!

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com