Ray

【雁擬き】はなんて読む?おでんの具を表す難読漢字

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【雁擬き】はなんて読む?おでんの具を表す難読漢字
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「雁擬き」はなんて読む?

なかなか見かけない漢字だと思いますが、実はこの漢字、みなさんもよく知っているあのおでんの具なんです!

いったい、「雁擬き」はなんと読むでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「がんもどき」でした!

雁擬きは豆腐を崩して、釜角切った野菜や昆布などを加えて油で揚げたもの。

昔はこんにゃくと麩(ふ)を油で揚げたものを雁擬きと称したそう。雁擬きという名称は、雁という鳥の肉に味が似ていることから付いたんだとか。

おでんの具は実は難しい漢字が多いのを知っていますか?

たとえば、竹輪(ちくわ)、摘入(つみれ)、半片(はんぺん)、章魚(たこ)などです。メニューに漢字で書いてあったときに読めるとかっこいいですよね!

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・「デジタル大辞泉」(小学館)
・「精選版 日本国語大辞典」(小学館)
・「日本大百科全書」(小学館)

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com