Ray

【一斤染】はなんて読む?和服や和菓子で使われている色を表す難読漢字!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【一斤染】はなんて読む?和服や和菓子で使われている色を表す難読漢字!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「一斤染」はなんて読む?

「一斤(いっきん)」は重量の単位のことで、薄切りにする前の食パンに用いる単位です。

それに「染」という文字が着くと、別の意味になります。

いったい、「一斤染」はなんと読むでしょうか。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「いっこんぞめ」でした!

一斤染は、紅花1斤で、絹1疋(ぴき)を染めたときの淡い色を指します。

1斤は尺貫法の単位で約600g。1疋は絹布2反(大人2人分)の生地量です。

染量を決めてから生み出された色なので、桜色に近い色から、橙色(だいだいいろ)に近い色まで幅があるのが特徴。

現代でも和服や和菓子などに用いられている色なんだとか。

ぜひこの機会に一斤染の商品を見つけてみてくださいね!

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com