Ray

【吉田朱里】色っぽさを連想させる♡ 「うるんだ血色メイク」の作り方

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【吉田朱里】色っぽさを連想させる♡ 「うるんだ血色メイク」の作り方
メイクにおいて、最短で可愛くなるために大切なのは「血色感」。そんなベーシックな話でありながらも必須要素であるテーマについて深堀りしてみたよ!今回は吉田朱里と一緒に、目元で魅せる「うるんだ血色」についてご紹介♡ 締め色の黒を封印すれば、引きで見たときもソフトになる!みんなも挑戦してみてね。

Topic 目元で魅せる♡

粘膜カラーを感じさせる「うるんだ血色メイク」

ある意味「血色」と直結するパーツである「粘膜」って、見えにくい部分だからこそ、秘めた色っぽさを連想させる♡ そんな目のきわの赤みを延長するようにラインやまつ毛を染め上げて。

吉田朱里1

ピンクシャギーニット 5,900円/SPIA TOKYO イヤリング 21,600円/アビステ

Check! 今回使うのはこちら!

アイテム

1.デザイニング ペンシル 05 2,970円/SNIDEL BEAUTY
▶︎適度な締め色の役割も果たすくすみモーヴ。小回りの効くペンシルタイプ。

2.ルージュ リップブロッサム ペタルグロウ ブルームクチュール 105 3,080円/ジルスチュアート ビューティ(限定発売)
▶︎甘さ強めのシュガーピンクをコーディネート。

3.ザ マスカラ カラーニュアンス WP 102 4,180円/ADDICTION BEAUTY(限定発売)
▶︎透明感のあるモーヴは自まつ毛になじんで発色。

How to 可愛い色で囲むから、やさしくセンセーショナル

【1】1で上下の目のきわをぐるっと囲む。上まぶたは指で少しぼかしてなじませて、下まぶたは粘膜ギリギリにライン風に入れる。

how to 1

【2】おだやかにカールさせたまつ毛に3を塗る。目元はわかりやすい赤みを入れたぶん、唇は白っぽいミルキーなピンクで抑揚をつけて。

how to 2

Check! 完成♡

黒を使わないやわらかな印象のメイクが完成!ほんのりと伝わる色っぽさで彼の心をつかんで♡

吉田朱里2

Photograph/Yasutomo Sampei(model)、Yuki Ueda(still) Hair&Make-up/Sayoko Yoshizaki(io) Styling/Yurina Inaba(KIND) Model/Akari Yoshida(exclusive)Text/Urara Sasaki

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com