Ray

「寸寸」はなんて読む?ものの状態を表す言葉!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「寸寸」はなんて読む?ものの状態を表す言葉!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「寸寸」はなんて読む?

長さの単位や、長さそのもののことを表す漢字である「寸」。

暮らしに身近な漢字ですが、これをふたつ繰り返すとなんと読むでしょうか。

「すんすん」ではありませんよ。

ものの状態を表す言葉のことです。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「ずたずた」です!

ずたずたとは、ものが細かくきれぎれになること。

ものだけでなく人の気持ちに対してもずたずたは使うことができます。

この寸という漢字は、長さの単位や長さそのものを表すほかに、「わずか」という意味も。

ほかにも「寸断寸断」をずたずたと読むことができます。

長さが断たれるということや、わずかしかなくなってしまったという意味からずたずたの状態が伝わりますね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com