Ray

彼とずっと一緒にいたい!末永く愛される人と飽きられる人の違いとは?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
彼とずっと一緒にいたい!末永く愛される人と飽きられる人の違いとは?
「彼とはずっと付き合っていきたいけれど、もし飽きられたらどうしよう」と不安を感じていませんか?末永く愛されるための秘訣は、男性目線から見た「女性ってこうだよね」というイメージを良い意味で裏切ることかも。今回は、新鮮な気持ちでお付き合いを続けるためのコツを紹介します。
目次
  1. 男女の違いをふまえた会話術
  2. 束縛しない!適度な尽くし方
  3. スキルアップへの取り組み方

男女の違いをふまえた会話術

彼と楽しい時間を過ごすうえでは、男女の発想の違いをふまえて会話にひと工夫を加えましょう。

たとえば女性の場合は、彼から心配されると「愛されている証拠」と感じて喜ぶ人が多いです。ところが男性の場合は、彼女に心配されるとしつこいと感じたり、「俺は頼り甲斐がないってこと?」とネガティブに受け取ったりするといった意見も。

その理由としては、会話で女性は共感を求めるのに対し、男性は評価されるのを望む傾向があることが挙げられます。このように女性にとっての「当たり前」の感覚で会話を進めると、男性の気持ちが離れる原因になりやすいので注意しましょう。

ずっと愛される女性には、彼の思考パターンに合わせて話す賢さがあるのかもしれません。男性を楽しませる話術にアップデートしていきましょう。

束縛しない!適度な尽くし方

尽くしすぎると良くないという話はよく聞きます。一理ありますが、尽くすのが悪いと決まったわけではありませんよ。

尽くしても飽きられてしまう女性は、「こんなに尽くしているんだから私を大切にして!」と見返りを求めるパターンに陥りがちです。その行動で彼が「束縛された」と感じ、気持ちが冷めていく可能性は高いでしょう。

「いい女」アピールとして尽くすのではなく、さりげない思いやりのある行動をとるのが長く愛される女性の特徴です。これなら彼は尽くされても束縛とは感じないはず。 

スキルアップへの取り組み方

長いお付き合いの中では、彼と仕事の話をする機会もあるでしょう。あなたの仕事に対する姿勢が、恋の行方を左右する可能性もありますよ。

もし、あなたが仕事への不満や愚痴を吐き出すだけなら、彼をがっかりさせてしまうかも。男性には「女性はいつも愚痴を言う」というイメージを持つ人もいるため、当てはまる言動をとると飽きられる原因になってしまうこともあります。

逆に恋も仕事も前向きに取り組み、スキルアップにも積極的な女性は好印象。「可愛いだけ」なら飽きられるかもしれないけれど「可愛いだけではなく仕事も頑張っている」となれば、彼も一目置くでしょう。

これまで「飽きられる女性」のパターンで行動してきた人ほど、変わっていく姿を彼に見せられるチャンス。素敵に成長して「ずっと愛される女性」を目指しましょう。

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com