Ray

「克己心」はなんて読む?座右の銘に用いられたこともある言葉!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「克己心」はなんて読む?座右の銘に用いられたこともある言葉!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
目次
  1. 「克己心」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「克己心」は何て読む?

克服の克に己の心、言葉の意味は何となく想像できそうですが、意外と読めない言葉。

「克己」は人名で「かつみ」「かつき」と読まれることもありますが、違う読み方ですよ。

さて、「克己心」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「こっきしん」でした!

克己心とは、自分を律して目標に向かって進んでいける強い心を表す言葉。

同義語は自制心です。

論語の中にも克己復礼(こっきふくれい)という言葉があり、こちらは「自分の欲望にうちかち、社会の規範や礼儀にかなった行いをすること」という意味を表しています。

「克己心」という言葉、この機会に是非覚えてみてください。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com