Ray

「数多」はなんて読む?数が多いことを表す言葉です!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「数多」はなんて読む?数が多いことを表す言葉です!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
目次
  1. 「数多」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「数多」は何て読む?

使われている漢字から、意味は数が多いことだと想像できますよね。

知らないと読みにくい漢字ですが、数が多いことを表す言葉を思い浮かべて、予想してみてください。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、「あまた」でした!

「すうた」という読み方もできますが、一般的には「あまた」と読まれています。

あまるなどの語幹と同じ語源を持つ「あま」に接尾語「た」がついたのが読み方の由来です。

数多は、数量が多い様子を表します。

少し堅い印象があるので、日常会話では「たくさん」など別の言い方のほうが馴染みがありますよね。

しかし、数多という言葉を使える場面は多く、文章などでも時々見かけることがあるので、覚えておきましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com