Ray

好意を匂わせすぎはNG?男子が思わず引いてしまうアピール3選

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
好意を匂わせすぎはNG?男子が思わず引いてしまうアピール3選
自分から告白するのが嫌な場合、匂わせることによって相手に告白を促せるといいですよね。しかし、匂わせの仕方を一歩間違えると彼をドン引きさせてしまう可能性も!そこで今回は、男子が思わず引いてしまう匂わせアピールを紹介します。

毎日自分からLINEを送る

LINEはコミュニケーションを取る手段として必要不可欠と言っても過言ではないですよね。

しかし、気軽に連絡できるがゆえにあなたから彼に毎日連絡をとってしまうと「しつこいな」「めんどくさいな」と重く受け取られてしまうことも。

良かれと思って送った「連絡がないから心配…」などの追いLINEは、さらに彼の重荷になってしまいます。

匂わせはさりげなくするのがベスト!連絡したくなる気持ちもわかりますが、彼のペースに合わせて連絡するよう心掛けてみましょう。

SNSに自分のことを書いている

InstagramやTwitterなど、多くの人と共有できるSNSに彼への好意を匂わせる投稿をする場合も注意が必要です。

例えば、Instagramのストーリーに彼と通話した時間のスクリーンショットとともに「楽しかったな〜」「安心する」などの言葉を載せるなど。

また、LINEのやり取りの一部を切り取ってSNSに投稿されることを嫌がる男子もいるようです。

付き合っているならまだしも、付き合っていない相手に二人の大切なやり取りを公に晒されるのは嬉しいものではありませんよね。

彼に「もしかして自分のこと好き?」とドキドキさせるような、さりげない投稿を心がけるといいでしょう。

毎回ストーリーの既読が早い

暇があればSNSを見てしまうという人も多いはず。特に気になる人の投稿はすぐに見たくなりますよね。

しかし、Instagramのストーリーは既読した人がわかる仕組みになっているので、あなたがチェックしたことが彼にバレてしまいます。

投稿するたびにすぐ見られていることがわかったら、「もしかして自分のことが好きなのかな?」と思うと同時に「監視されているみたい」「自分のアカウントを隅々までチェックされていそう」などマイナスが感情を持たれてしまうことも。

すぐに既読をつけるのではなく、少し時間を置いて確認することで違和感を持たれることはないでしょう。

好きな人との進展を期待していたのに、逆に彼が離れてしまうのは悲しいこと。告白してもらうにはまず、彼が追いかけたくなるような適度な匂わせを意識してみてくださいね。

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事