Ray

【葡萄柚】はなんて読む?甘酸っぱいあの果物!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【葡萄柚】はなんて読む?甘酸っぱいあの果物!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
目次
  1. 「葡萄柚」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「葡萄柚」は何て読む?

甘くて美味しい秋の代表的な果物の「葡萄」と、爽やかな香りと酸味の「柚」。

そんな葡萄と柚という字を組み合わせると、スーパーでもよく目にするあの果物になります。

さて、「葡萄柚」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「グレープフルーツ」でした!

グレープフルーツを見てもどこに葡萄らしさがあるのか、分からないですよね。

グレープフルーツに葡萄の字が使われるのは「木に実がなる様子」に由来していると言われています。

ひとつの枝にたくさんの実がなって、果実が大きく重くなってくると枝が垂れ下がり、葡萄の房のように見えるんですよ!

ちなみに、グレープフルーツには果肉が黄色いホワイト種と赤っぽいルビー種があります。

果肉が赤みがかったピンク色であることから名前が付いたルビー種の方が甘さが強めです。

生で食べるのはもちろん、ジュースやゼリーにしても美味しいですよね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com