Ray

友達でいたい…男友達からの告白を上手に断るコツ3選

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
友達でいたい…男友達からの告白を上手に断るコツ3選
これまで一緒に楽しく過ごしていた男友達から、突然「好きだ」と告白されたら戸惑いますよね。しかし、どうしても友達としか思えない……そんな方もいるはず。そこで今回は、男友達に告白されたときに、気まずくならないよう上手に断るコツを3つご紹介します。
目次
  1. 今まで通りの関係を望むなら早めに断ろう
  2. 「ありがとう」と「ごめんね」を伝えてみて
  3. 「友達として大切な存在」をアピールして
  4. 彼氏ができた時のために♡サロン脱毛で美肌を目指そう!

今まで通りの関係を望むなら早めに断ろう

まず、彼と友達関係でいたいと決めているなら、告白の返事は早めに断りましょう。

目安としては、告白を受けてから1週間以内です。「勇気を振り絞って告白したのだから、早く返事が欲しい」というのが、彼の本音であるはず。告白の返事を長引かせてしまうと、彼に余計な期待を持たせてしまい、さらに断りづらくなります。

また、「実は俺キープされているのかも?」と、彼に別の不安を抱かせてしまいかねません大切な男友達だからこそ、早く吹っ切れて前に進んでもらうため迅速に断りましょう。

「ありがとう」と「ごめんね」を伝えてみて

 彼に突然告白されて驚いたと思いますが、告白してくれたことに対して感謝の気持ちを伝えましょう。

その後、「気持ちを受け入れられなくてごめんね」と伝えると、少なからず彼のプライドを傷つけずにおさめられます。間違っても、「いきなり言われても困る!」「冗談でしょ」なんて言わないでくださいね。

振られたけれど「告白して良かった!」と相手がスッキリできるよう、素直に感謝の気持ちを伝えましょう。

「友達として大切な存在」をアピールして

今後も友達関係を続けたいのであれば、あなたにとって彼が「友達として大切な存在」だということもきちんと伝えましょう。

このときのポイントは、「なんでも言える友達として信頼している」「友達として大事な存在で…」と、多少オーバーな表現を用いることです。

彼が最も恐れているのは、告白がうまくいかなかったときに、あなたとの友達関係が壊れるもしれないということ。

そのため、あなたから「友達として大切だ」と言われるとホッとするはず。せっかくの友達関係をあいまいに終わらせないよう、勇気を持って伝えるようにしましょう。

今回は、男友達からの告白を断ったあと気まずくならないコツを3つご紹介しました。「あのとき、ちゃんと気持ちを伝えていればよかった…」と後悔しないよう、誠実で素直な対応を心がけてくださいね。

彼氏ができた時のために♡サロン脱毛で美肌を目指そう!

しっかりとムダ毛の処理をしたい、自分でお手入れするのは長続きしなさそうという人には、サロン脱毛がおすすめです。サロンでの脱毛は除毛クリームより効果抜群なので、VIOを含めて全身をしっかりとケアすることができます。

今回紹介するのは全身脱毛62部位が12ヵ月分0円、月額¥1,550(税込)で受けられる全身脱毛サロン「恋肌(こいはだ)」。脱毛器メーカーとの共同開発で他のサロンよりも短い2週間スパンで通うことができるため、効果を早く感じることができるのが特徴です。通常のメニューよりも10%お得になる学割プランもおすすめです。

▶商品はこちら

新店舗

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com